三条市内の9中学校でそろって卒業式、合わせて970人が巣立つ (2013.3.8)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市内の9中学校では8日、そろって卒業式を行い、合わせて970人が9年間の義務教育を終え、それぞれの学びやを巣立った。

第四中学校で行われた卒業式
第四中学校で行われた卒業式

来賓に国定勇人市長が出席した第四中学校(宮下登校長・生徒322人)は、第54回の卒業証書授与式。男女51人ずつの102人が卒業した。3年間の成長で袖丈が少し短くなった学生服や紺のブレザーを着た卒業生は、吹奏楽部1、2年生が演奏する「威風堂々」と在校生や教諭、保護者の拍手に迎えられて入場した。

名前を呼ばれた卒業生がひとりずつ登壇。宮下校長は一人ひとりの顔をしっかりと見て、ほほえんで卒業証書を手渡した。

ほほえんで卒業生に卒業証書を手渡す宮下校長
ほほえんで卒業生に卒業証書を手渡す宮下校長

宮下校長は式辞で、「出る杭は打たれる、しかし出過ぎた杭はもはや打たれない。出ない杭や出ようとしない杭は居心地はいいがやがて腐る」という名言を紹介し、「成功の可能性は0%と言われてあきらめるものではない」、そのくらいの気概がないと、何事も気持ちが大切なことを話した。

社会で役に立たないのは「言ったことができないタイプ、言ったことしかできないタイプ」の2つで、「日本一の下足番になりなさい」など、中学校の卒業式では珍しい経済人の名言を次々と紹介し、「皆さんはまだ未知数です。どんな能力があるかわからない。大切なのは努力です。努力をして思い込みも大切です。自分がそう思ったことを一生懸命やりなさい。そうすれば結果はあとからついてくるんです」。心身を健康に保って頑張るよう求めた。

式辞を述べる国定三条市長
式辞を述べる国定三条市長

国定市長は、用意した祝辞を読み上げたあと、「これからの自分の未来や将来を考え抜いて考え抜いて、しっかりと考え抜いてほしい」と英語で餞の言葉を贈った。

「将来の自分探しをするのと同時に、その夢の実現のために勉学にいそしむ。これから先の皆さんの日々の務め。今まで以上に勉学に励み、自らの未来を、将来を切り開いていってほしい」と門出を祝った。

卒業証書を手に背筋を伸ばして座る卒業生
卒業証書を手に背筋を伸ばして座る卒業生

式の最後は卒業記念合唱として、卒業生と在校生全員で「道」、卒業生いで「大地讃頌」を歌い、中学校生活を締めくくった。卒業生は全員進学を希望し、大半が11日に県内公立高校の入学試験に臨む。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com