吉田中1年生が職場訪問学習で特養ホームで職場見学や高齢者の疑似体験 (2013.3.13)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市立吉田中学校(目黒進校長)の1年生27人が13日、燕市佐渡、特別養護老人ホーム「さわたりの郷」を訪れ、職場を見学するとともに高齢者疑似体験セットを着用して、80歳になった未来の自分も体験した。

特別養護老人ホーム「さわたりの郷」で職場訪問学習をする吉田中学校1年生
特別養護老人ホーム「さわたりの郷」で職場訪問学習をする吉田中学校1年生

この日午前は、毎年行っている1年生の職場訪問学習。1年生は247人は12のグループに分かれていっせいに地元の消防署やホテル、工場などを訪れたもの。

「さわたりの郷」の訪問は今回が初めてで、生徒は職員から施設を案内してもらい、用意した質問に答えてもらうとともに、高齢者疑似体験セットで高齢者の機能低下を体験した。

80歳くらい機能低下を体験できるセットで、重りを入れたちょっきを着て、足から首に回してベルトで背中を曲げて歩かざるを得なくなる。ヘッドホンを着けると難聴になり、ゴーグルで視野が狭く景色がかすんで白内障のように。指はテープで束ねて動きにくく、サポーターでひじやひざが曲げ伸ばししにくい。

階段の昇降や布団の寝起きも体験
階段の昇降や布団の寝起きも体験

ジャージの上にセットを着用した生徒は、異様なスタイルに照れ笑いしていたが、いざ動こうとすると思うように体が動かない。歩くにも腰をまげてつえをつき、下を向いて足元を確認しながらゆっくりと足を進める動作は、高齢者そのものだった。

そのままトイレで便器に座ったりする動作や階段の昇降、布団に寝たり、新聞を読んだりといった日常生活を体験。田中且之君は「布団に寝るのが難しくて色も区別できませんでした。思った以上に重くて大変でした」。ほかにも「腰が痛くて空気いすよりつらい」、「部活の方が楽かも」と話す生徒もいた。このあと生徒は訪問をレポートにまとめ、発表して学習を終わる。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com