第71回分水おいらん道中は花冷えどころでは寒波に雨やみぞれで10年ぶりに分水総合体育館で花絵巻を繰り広げる (2013.4.21)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市分水地区で春本番を告げる第71回分水おいらん道中が21日行われた。雨やみぞれまで降る季節外れの荒天に見舞われ、平成15年以来10年ぶりに分水総合体育館での開催となったが、フロアからギャラリーまで見物客がぎっしり埋め尽くした体育館できらびやかな花絵巻を繰り広げた。

雨のため10年ぶりに分水総合体育館で行われた第71回分水おいらん道中
雨のため10年ぶりに分水総合体育館で行われた第71回分水おいらん道中

分水おいらん道中は大正13年ころから催されていた地元有志による仮装行列が起源とされ、昭和9年に発足した「分水路花の会」が11年から花にちなんだ行事をと「おいらん道中」を始めた。春の名物行事として県外にも知られ、近年も8万人を超す観光客でにぎわっている。

ことしはおいらん役に84人の応募があり、信濃太夫に渡辺礼さん(21)=新潟市江南区・新潟薬科大学=、桜太夫に村山まみこさん(21)=燕市分水旭町・会社員=、分水太夫に文珠川佐江子さん(32)=東京都台東区・主婦=、そして写真撮影用の染井吉野太夫に杣木あゆみさん(29)=燕市国上・主婦=を決めた。

 
渡辺礼さんの信濃太夫
渡辺礼さんの信濃太夫

村山まみこさんの桜太夫
村山まみこさんの桜太夫

道中では傘持ちとほうかんがつく。さらにかむろ、舞妓など総勢70人の付き人を従え、おいらんは独特の外八文字の歩き方を披露しながら進む。これまで大河津分水桜並木のあとに地蔵堂本町通りで道中を行ったのをことしは順序を逆にし、両会場で飲食物販テント「つばめるしぇ」を開くなど新機軸を打ち出した。

道中は肝心のサクラの開花期と合わないことが多いが、一方で開花のタイミングが合うと雨が降るというジンクスもあり、今回はそのパターン。花冷えどころでない2月下旬並みの厳しい寒波に見舞われ、雨がみぞれに代わって降ることもあった。

文珠川佐江子さんの分水太夫
文珠川佐江子さんの分水太夫
信濃太夫の外八文字
信濃太夫の外八文字

体育館での道中は、ステージで地元分水太鼓が演奏して露払い。午後1時からフロアの中央に見物客が陣取り、その周りを道中が時計回りに進む形で行い、見物客を入れ替えて3回行った。

途中で2回ほど道中を止め、おいらん役が外八文字と呼ばれる独特の足運びを披露した。高下駄をすりながら外側に高下駄を振りだし、地面にすりながらゆっくりと足を前へ進めるもので、道中のいちばんの見どころだ。このタイミングでカメラのシャッター音が会場に響いた。

体育館のおかげでおいらん道中の全体を一望できる
体育館のおかげでおいらん道中の全体を一望できる
分水総合体育館の外では見物客が傘を差して行列
分水総合体育館の外では見物客が傘を差して行列

屋内だからといって悪いことばかりではない。見物客が多くて道中の部分しか見えないが、体育館では行列の最初から最後まで一望できる。コンパクトな空間に見物客が密集するので劇場のような一体感があり、外八文字を終わったときや道中が退場するときは大きな拍手。道中の見物という点では違った盛り上がりに見物客も大満足だった。

地蔵堂本町通りのつばめるしぇ
地蔵堂本町通りのつばめるしぇ

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com