燕市産業史料館が展示ケースの寄贈を受けて急きょ人間国宝・玉川宣夫さんの特別展示室を暫定開設 (2013.4.21)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市産業史料館は、このほど展示ケースの寄贈を受け、人間国宝で燕市の名誉市民でもある金工家、玉川宣夫さん(71)の特別展示室を開設した。

寄贈受けた展示ケースを設置して人間国宝、玉川宣夫さんの特別展示室に生まれ変わった第三展示室
寄贈受けた展示ケースを設置して人間国宝、玉川宣夫さんの特別展示室に生まれ変わった第三展示室
 玉川宣夫さんの特別展示室のパノラマ画像
玉川宣夫さんの特別展示室のパノラマ画像

展示ケースは、先に閉館になった長岡市寺泊、相澤美術館から寄贈を受けた。陶芸作品の展示に使われた四方にガラスがはめこまれた直方体の展示ケースで、棚が2段のものと3段のものを4ケースずつ。そのうち3段のひとつを除く7ケースを使っている。

もともとは館長室として設けられながら実際にはその目的で使われたことのない第三展示室を玉川さんの特別展示室に充て、7つの展示ケースに玉川さんの作品19点を展示した。うち同史料館所蔵は3点だけ。それ以外は玉川さんに依頼すると貸し出しを快諾してくれた。

展示ケースはいかにも重厚で、玉川さんが得意とする高度な技術に加えて体力も必要とする“木目金”と呼ばれる手法を凝らした花瓶をはじめ、ときに挑戦的で前衛的な作品の魅力をぐっと引き締めて見せてくれている。

 第39回燕手仕事展で展示している人間国宝、彫金家桂盛仁さん=東京都=の作品「金石州形羅宇煙管 源氏物語第32?梅枝彫」、玉川さんの呼びかけで出展しくれた
第39回燕手仕事展で展示している人間国宝、彫金家桂盛仁さん=東京都=の作品「金石州形羅宇煙管 源氏物語第32?梅枝彫」、玉川さんの呼びかけで出展しくれた
 第39回燕手仕事展で展示している玉川さんの作品「木目金煙管」
第39回燕手仕事展で展示している玉川さんの作品「木目金煙管」

玉川さんが人間国宝となって以来、玉川さんの特別展示室の設置を望む声が高まっているが、今回は展示ケースの寄贈を受けたことで、費用をまったくかけずに暫定的な特別展示室を設けることができた。19日から5月6日まで同史料館で開かれている金工の職人の手仕事を紹介する第39回燕手仕事展に間に合った。同展の見学に訪れる人には、あわせて特別展示室の見学も呼びかけている。

燕手仕事展では、日曜の21日に渡辺和也さん、28日に玉川達士さん、5月5日に西片正さんをそれぞれ講師にいずれも午後2時から3時まで作品解説会が開かれる。問い合わせは同史料館(電話:0256-63-7666)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com