5月25、26の1泊2日でスノーピーク本社キャンプフィールドでリラクゼーションをテーマに女性だけのガールズキャンプ (2013.4.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

スノーピーク本社キャンプフィールド=三条市中野原=は、5月25、26日の1泊2日で女性を対象にアウトドアでのリラクゼーションをテーマにしたガールズキャンプを行うので、参加者を募集している。

5月25、26日の1泊2日でスノーピーク本社キャンプフィールドで行われるガールズキャンプのフライヤー
5月25、26日の1泊2日でスノーピーク本社キャンプフィールドで行われるガールズキャンプのフライヤー

リラクゼーションイベントで、アロママッサージ×カラーセラピーとハーブの寄せ植え&ハーブティー体験を行う。いずれも地元で活躍する女性が講師を務める。

アロママッサージは、アロマオイルを使ったトリートメントで、アロマセラピー「Tunbridge Wells あろまのかぜ」のアロマコーディネーター、安達佐知子さんが講師。カラーセラピーは、Color & Relaxation Space「Pelorica」でオーラソーマカラーコンサルテーションを手掛ける捧美香さんで、100本以上のカラーボトルのなかから直感的に選んだボトルでセラピーする。

ハーブの寄せ植え&ハーブティー体験は、花屋でありながら雑貨も扱い、庭の植栽もアドバイする「パレットリズ」の佐藤江理さんと高橋千香子さんが指導。自分で作ったハーブの寄せ植えを持ち帰る。

あとは広大なキャンプフィールドでのアウトドアライフが待っている。夕食はダッジオーブンを使って鶏肉のソテーや具だくさんのスープパスターのアウトドアクッキングに挑戦。アウトドアだからバーベキューというイメージを覆す精神的にもリッチな食事を味わう。

夕日が沈むキャンプフィールド
夕日が沈むキャンプフィールド

夜は、たき火の揺らめく火を囲んで語り合う。晴れれば下田郷の大自然のなかでプラネタリウムのような満天の星空を満喫できる。朝は凛とした空気の中でコーヒーを飲み、ナチュラルライフスタイルに興味をもつ女性たちとつながる特別で贅沢な時間を過ごす。

一昨年から春と秋の年2回、ガールズキャンプを行っている。男子禁制、女性だけで心を開いたコミュニケーションをと女子会的なノリが好評だ。20代から30代の参加が中心で、県内と県外の参加者がほぼ半々で、多くは友だち2、3人で参加している。

今回はアウトドアライフを「学ぶ」よりも「楽しむ」ことを優先。キャンプだからと構えずに気軽な参加を呼びかけている。

25日午前11時半から参加を受け付け、26日正午に終了。対象は20歳以上の女性30人で、参加費は宿泊料、夕食と朝食、リラクゼーションプログラム料込みで1万2,000円。これとは別に1人につきテントレンタル2人まで2,000円、3人以上1,500円、シュラフレンタル1,000円を利用すれば、何も用意せずに手ぶらで参加できる。申し込みや問い合わせはキャンプフィールド(電話:0256-41-2222)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com