27、28日と燕市の新庁舎の一般公開と竣工記念イベント、2日間で3千人の来場見込みに対し初日27日だけで想定外の8千人が来場 (2013.4.27)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市は27、28の2日間、5月7日に開庁する新庁舎を市民に一般公開して竣工記念イベントを行っている。初日27日は強風で朝方はあられまで降る荒天に見舞われたが、開庁後は庁舎ないを自由に見られないとあって実に8千人もが来場して大幅に想定を超すにぎわいとなった。

正面玄関のエントランスで集まった市民にあいさつする鈴木市長
正面玄関のエントランスで集まった市民にあいさつする鈴木市長

開場時刻の午前10時半から1階正面玄関のエントランスに集まった市民を前に鈴木力市長があいさつ。鈴木市長は、新庁舎は免震構造で屋上にはヘリポートも備える災害の機能を強化し、バリアフリーでエコにも対応していることなどを紹介し、市民の憩いや活動の場に、そして「地域活動のためにも役立てていただきたい」と求め、職員のためだけの施設ではないことを強調した。

庁舎内の公開とあわせて和太鼓や合唱、マジックなど市民の活動の発表を行い、同時開催の市民活動交流フェスタ「みん☆フェス」では活動団体の紹介やPRも行った。

 ステージイベントを見学する市民
ステージイベントを見学する市民
みるみる車で埋まっていく650台収容の駐車場
みるみる車で埋まっていく650台収容の駐車場

開場時刻より2時間も早い8時半から来場した人もいて、10時ころから開場を待ちきれずに市民が庁舎内へ入った。11時ころが来場のピークで、十分に足りるとみていた650台収容の駐車場が満杯になるほどの大入りに、職員はうれしい悲鳴だった。

エントランスに出店した菓子店は昼も待たずに11時には早々に完売。慌てて追加分を手配。市は2日間で3千人の来場を見込んでいただけに、1日で8千人はまったく想定外だった。

議場を見学する市民
議場を見学する市民
盛り上がったカロム大会
盛り上がったカロム大会

訪れた市民のなかには、豪華な新庁舎に冷ややかで「見てやろう」的な人もいたが、市庁舎は市のシンボルともなるだけに、「すごいきれい」、「こんなところで働いてみたい」と目を見張り、好評だった。

この機会にと家族連れで訪れる燕市の職員のほか、近隣の市町村職員も多く、それぞれの職場での勤務を新庁舎と照らし合わせて機能性などをチェックするように見学していた。翌28日も午前10時半から午後3時半まで開場し、盛りだくさんのイベントを行う。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com