三条市の写真愛好家、坂井進さんが5月13日まで済生会三条病院で写真展「人・花・風景」 (2013.5.1)


取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

写真愛好家の三条市笹岡、坂井進さん(64)は、4月30日から5月13日まで済生会三条病院で写真展「人・花・風景」を開いており、写歴15年で撮りためた作品45点を展示している。

13日まで済生会三条病院で開かれている坂井進さんの写真展「人・花・風景」
13日まで済生会三条病院で開かれている坂井進さんの写真展「人・花・風景」

作品のほとんどがワイド四つ切りにプリントしたもので、人、花、風景の3つのジャンルに分けて展示している。

“人”は地元三条市下田地区や長岡市の栃尾、一之貝、軽井沢へ出掛けたものもあり、はざかけをしているようすや、一輪車を押したり、あぜ道に座って笑ったりと、郷愁を感じさせる農家の人を撮影している。花や風景も奇をてらわず、肩の力を抜いてありのままの姿をとらえている。

坂井さんの作品

坂井さんは30数年間、地元の作業工具メーカー「アーム産業」で働き、ことし1月に退職。写真好きだった同社の社長に勧められて写真を始めた。写真コンテストに出品することは少ない。

三条市内の写真仲間6人でつくるグループ「写るんだ会」で5年ほど前から3回、同病院で作品展を開き、今回は同病院からの勧めもあって初めての個展。坂井さんは「わたしの写真はカメラ任せのスナップですから」と謙虚するが、日の出の光が筋になって見える朝霧など決定的な瞬間をとらえた作品も多い。

坂井さんの作品

「朝の3時、4時に出掛けて、下田は晴れて星がこぼれるようなときでも、現地についてがっかりっていうことが大半。それでも天気のいい日に一度でも二度でも出くわすと感動するんですね」と目を輝かせて話していた。

スポンサード リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


平成26年9月28日(日) 第十回越後くがみ山酒呑童子行列開催します! 参加鬼を募集!
9/30まで包丁フェア 燕三条ファクトリー・アウトレット STOCK BUSTERS ストックバスターズ お土産・ご家庭用に燕三条の包丁を
NCT
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
Kuwaya.com(鍬屋ドットコム)
スポンサードリンク
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com