19日から11月4日まで道の駅「漢学の里しただ」で「第2弾秋の味覚!うんめもんフェア―」、食と芸術とスポーツの秋を満喫する企画 (2013.10.17)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市庭月、道の駅「漢学の里しただ」では、19日から11月4日まで「第2弾秋の味覚!うんめもんフェア―」を開き、昔ながらの「ひこぜん」の販売やレストランで限定の地元産マイタケごはんの提供など、食と芸術とスポーツの秋を楽しんでもらう企画を用意している。

道の駅「漢学の里しただ」で19日から11月4日まで開かれる「第2弾秋の味覚!うんめもんフェア―」のポスター
道の駅「漢学の里しただ」で19日から11月4日まで開かれる「第2弾秋の味覚!うんめもんフェア―」のポスター

同施設は農家レストランの「悟空」と農産物直売所の「彩遊記」の2つの施設があり、秋を楽しむ食、芸術、スポーツの3つのテーマでサービスやイベントを企画した。

「食欲の秋」として、直売所で下田地域の名物「ひこざえん」(980円)を販売し、レストランでは、平日限定メニューで「マイタケソテー」(600円)、土、日曜限定のバイキング(1人1,480円)のメニューに各日50食限定の「まいたけごはん」が登場する。

ひこざえんは、同地域の神事に供えた伝統料理で、新米を炊いてつぶして板状の棒に楕円形に張り付けてみそを塗り、火にくべて焼いたもの。イベントでの販売はその場で食べきれるよう小さめに作られることが多いが、今回は昔ながらのサイズで、およそ縦20センチ、横13センチ。コメ2合分のずっしりとした重さで、おとなの顔も隠れるビッグサイズだ。

「食欲の秋」として直売所で販売する下田地域の名物「ひこざえん」は、顔も隠れるほどのビッグサイズ
「食欲の秋」として直売所で販売する下田地域の名物「ひこざえん」は、顔も隠れるほどのビッグサイズ

「芸術の秋」として、期間中の土、日曜と祝日の午前9時半から午後3時半まで、地元クラフトマンによるフリーマーケットを開く。

「スポーツの秋」として、ロードバイクで同施設を訪れた人限定のサービスで、直売所でソフトクリーム50円引き、レストランでソフトドリンク50円引きのサービスを行う。ロードバイクは、舗装路の高速走行に特化した主にロードレースで使われる自転車で、近年、下田地域を練習やツーリングなどで訪れる人が増えている。問い合わせは、道の駅「漢学の里しただ」(電話:0256-47-2230)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com