台風26号で大きな被害を受けた東京都大島町と友好都市の加茂市が市内公共施設などに大島町を支援する義援金の募金箱を設置 (2013.1.018)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

加茂市は18日、平成25年台風26号で大きな被害を受けた同市と友好都市の東京都大島町を支援するため、市内の公共施設などに義援金の募金箱を設置した。

加茂市役所で大島町への義援金の募金箱の準備をする職員
加茂市役所で大島町への義援金の募金箱の準備をする職員

加茂市では伊豆大島の台風被害が伝えられた16日から支援体制について庁内の幹部会議を開いて検討し、職員や消防職員、消防団の派遣の準備も進めていた。大島町と連絡を取り合ったところ、同町では17日朝の段階で自衛隊や警察など1,000人以上が対応に当たっており、ほかの市町村からの支援は今後、必要になった時点で検討することになった。

加茂市では、人員の派遣については、同町からの要請があった段階で、すぐに対応できるような体制をとることとしている。また、支援物資についても現段階では輸送手段の確保も必要なことから要請を待つこととした。

義援金については、18日から募金箱を用意し、市内の公共施設に設置。今後、区長の同意を得て、各世帯に依頼する封筒募金を実施する予定だ。

加茂市と大島町は、両市のシンボル「ツバキ」が縁で昭和43年に友好都市の盟約を締結した。その後、45年余りにわたって交流が続けられており、加茂市の洪水や大島町の三原山噴火などの災害時ににも互いを援助し、励まし合う交流が行政をはじめ、市民レベルでも行われている。

今回の大島町の被害にも、すでに市民から義援金を送りたいがどうしたらいいかなど、市に問い合わせが来ていたという。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com