燕市で「吉田町の唄コンサート」、91年に生まれた吉田拓郎作曲の『吉田町の唄』を小室等さんも訪れて歌う (2013.10.20)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

1991年、燕市に合併する前の旧吉田町に生まれた吉田拓郎さん作曲の『吉田町の唄』に再びスポットライトをと19日、燕市役所で「吉田町の唄コンサート」が開かれ、小室等さんも訪れて22年ぶりにこの地で『吉田町の唄』を歌い、約170人が来場して当時にタイムスリップしていた。

19日、燕市役所で開かれた「吉田町の唄コンサート」
19日、燕市役所で開かれた「吉田町の唄コンサート」

竹下内閣が「ふるさと創生基金」として自治体に1億円ずつ配布したころ、吉田町では一般関係予算の1%、7,000万円で若者にイベントを委託し、長期的に人材を育成しようと、実施主体として吉田町若者共和国を90年に発足した。

吉田町という名前にかけて当時、全国に6つあった吉田町の共通の願いということで、吉田拓郎さんから『吉田町の唄』をつくってもらった。3年間、中央のミュージシャンなどを招いてコンサートを開き、そのなかでフォークシンガーの小室等さんから『吉田町の唄』を歌ってもらった。

 矢代秀晴さん
矢代秀晴さん

しかし、吉田町若者共和国が解散し、2004年に吉田ふれあい広場に『吉田町の唄』の歌碑を建てたものの、その記憶が薄れゆくなか、吉田町若者共和国の初代大統領、今の吉田商工会会長の美内信孝さん(61)=燕市吉田新田町=と吉田拓郎さんへの作曲の依頼を担当した当時の外務大臣、富所寧さん(56)=同市吉田新町=は、数年前から再び『吉田町の唄』に注目を集めたいと話すようになった。

ブラザーズ・スリー
ブラザーズ・スリー

燕市教育委員会に、せめて旧吉田町の学校だけでも『吉田町の唄』を歌い続ける取り組みをしてほしいと求めるなかでコンサートの企画が持ち上がり、この日、実現した。

ウタヤ音楽堂
ウタヤ音楽堂

コンサートでは当時の吉田町若者共和国にかかわった企業などから協賛金を集めるなどして経費を捻出し、入場は無料。地元の歌を十八番にする燕市の矢代秀晴さん、ウタヤ音楽堂、そして富所さんを含む3人メンバーのブラザーズ・スリー、そして小室等さんが出演。ブラザーズ・スリーと最後にもう一度、小室等さんが『吉田町の唄』を歌った。

ブラザーズ・スリーで演奏した吉田町若者共和国外務大臣だった富所さん
ブラザーズ・スリーで演奏した吉田町若者共和国外務大臣だった富所さん

富所さんは「このコンサートを成功させて、声をかけて若者共和国のOB会をつくって、どうやって『吉田町の唄』を根付かせようかと考えている」と言う。来場者が少ないことを心配したが、立ち見まで出る来場に「感慨無量。肩の荷がおりた」とほっとしていた。

トリを飾った小室等さん
トリを飾った小室等さん

当時、若者共和国のメンバーは600人を数えたが、コンサートに来たOBはそのうち20人ていど。美内さんは「何か新しいアクションを起こしていきたい」と新たなスタートラインに立ったことを確信していた。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com