マザーネイチャーの平田梢さんが燕三条地域で初めて「おもちゃコーディネーター」の資格も取得、木のおもちゃを提案 (2014.1.29)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

心と体と自然に優しくオーガニックや自然素材のおもちゃや画材、アートの販売、ママ整体などを提供する店「マザーネイチャー」=三条市旭町1=は、三条市の空き店舗対策事業補助金を受けてオープンしてからこの2月で2周年。夫と二人で店を経営する平田梢さん(32)は昨年10月、「おもちゃコーディネーター」の資格も取得し、とくに木のおもちゃを提案している。

燕三条地域では初めておもちゃコーディネーターの資格を取ったマザーネイチャーの平田さん
燕三条地域では初めておもちゃコーディネーターの資格を取ったマザーネイチャーの平田さん

おもちゃコーディネーターは、「子どもと育ち総合研究所」が定めるもの。おもちゃのもつ力を理解し、おもちゃを通じて人と人とのつながりをつくり、子どもの中から自然とうまれる「遊びたい」という思いを育てることとを伝え、人材を育てるのが目的。平田さんは10月に新潟市で開かれた2日間のおもちゃコーディネーターの養成講座に参加して資格を取得した。

新しい資格のこともあるが、県内のおもちゃコーディネーターはまだ20人ほどで、燕三条地域でも、おもちゃインストラクターや木育インストラクターの資格をもつ人はいるが、おもちゃコーディネーターは平田さんだけ。

マザーネイチャーでは以前からヨーロッパのおもちゃを輸入販売するブラザー・ジョルダン社など、ドイツをはじめヨーロッパのおもちゃを販売している。当初は0歳から1歳向けだったが、3歳までのおもちゃに取り扱いの幅を広げた。

平田さんは今は4歳になった息子をもつ。「息子のおもちゃ選びに困った」ことがおもちゃコーディネーターの資格をとるきっかけになった。

つい子どもがほしがったキャラクターものなどのおもちゃを買い与えてしまう。「せっかくなんでも吸収できる時期に、いいおもちゃに出会えないのはもったいない」と、いてもたってもいられなくなった。

マザーネイチャー2周年祭のちらし
マザーネイチャー2周年祭のちらし

親が必要なおもちゃを選んであげることで、「記憶力や感性が遊びながら育まれればいいなと思った」。息子が3歳のころからカードゲームで遊ぶようになったが、おとなよりも上達し、遊びで親子の時間をもてるようになった。

ヨーロッパの木のおもちゃは、ビビッドだったり、逆に素材の木そのものの色を生かしたりとカラーをはじめ、おとなが見ても美しいオブジェのようなデザインも魅力だ。

しかし、親の感性を押しつけているわけではない。店内では、自由に遊べる木のおもちゃを用意しているが、子どもたちは時間を忘れて遊びに熱中し、店の外に出てももっと遊びたいとむずかる子どもあるほど。「やっぱり子どもも木の方が気持ちいい。よほど楽しいんだろうと思う」。

オープン2周年を記念して、2月15日は2周年祭を開く。毎月恒例の満月の茶会をふだんはおとな向けのところ、今回は親子向けに午前11時から午後7時までふだんより長く開き、おとなは1,500円で満月の茶と手作り菓子を味わい、子どもは無料で羊毛遊びでコースターや小物を作る。ほかにもスピリチュアルやママ整体を行う。問い合わせはマザーネイチャー(電話:0256-55-1427、電子メール:mother-nature@nct9.ne.jp)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
からあげフェスティバル開催中!9月30日まで利用できる燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「タンポポ」会員限定からあげクーポンを発行しています。
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
空間除菌システム - 梨本商店
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
11月18日(木)19:00〜20:45 三条エコノミークラブ60周年記念公開例会 独立研究者・著作家 山口周氏 オンライン講演会
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com