この冬もスノーピーク本社キャンプフィールドのウインターアクティビティでスノーモービルを導入 (2014.2.14)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

スノーピーク本社(山井太社長・三条市中野原)のキャンプフィールドでは、昨冬に続きウインターアクティビティとしてスノーモービルを導入し、雪原で冬のスポーツをたっぷり楽しんでもらっている。

スノーピーク本社キャンプフィールドにこの冬も導入されたスノーモービル
スノーピーク本社キャンプフィールドにこの冬も導入されたスノーモービル

一昨年にオープンしたキャンプフィールドで2年目のウインターシーズン。ウインターアクティビティのメニューを用意し、そのひとつとしてそれまで地元で体験できなかったスノーモービルを導入し、新しい冬の遊びを提供して好評だった。

ことしも1月半ばにスノーモービル2台をリースで導入。スノーモービルライセンス講習(120分・おとな1万5,000円)、スノーモービルレンタル(120分・おとな1万円)、スノーモービル持ち込み(120分・7,000円)、さらにおとなも子どもも一緒に楽しめるスノーモービルがけん引する大型ゴムボートに乗るスノーモービル絶叫ラフティング(10分・おとな1,000円・子ども500円)を用意している。

昨冬と比べるとはるかに雪が少ないが、キャンプ場はまだ真っ白な雪に覆われている。13日は地元嵐渓荘の大竹由香利さんがフェイスブック上でスノーモービルの話で盛り上がった女友だちと仲良し美人3人組でライセンス講習に挑戦した。

13日は大竹さんら美人3人組がスノーモービル女子会
13日は大竹さんら美人3人組がスノーモービル女子会

近くでランチを食べてからの参加で、いわばスノーモービル女子会。大竹さんはずっと以前に違う場所でスノーモービルの経験があり、ひとりはジェットスキー経験者、ひとりは初体験。初めてでもすぐに走行が可能で、起伏のあるフィールドを自由に走行したり、パイロンを立てて8の字に走行して進む、止まる、曲がるを体重移動も含めてみっちりと練習した。

時々、雪が舞う天気もスノーモービルに夢中になれば関係ない。3人は時間を忘れてスノーモービルを走らせ、笑い声も絶えずにぎやか。大竹さんは「最高に楽しい。スノーモービル普及委員会をつくろうかしら」とご機嫌だった。同所でのスノーモービルは、雪の状態にもよるが3月いっぱいまで行う計画だ。

また、ウインターアクティビティでは、親子で雪原でおもいきり楽しめるKid’s Parkを無料開放し、そりの利用も無料。もちろん、雪中でもスノーキャンプも楽しめるほか、雪原を自由に歩けるスノーシューのレンタルも行っている。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com