6日まで「燕三条じばさんゴールデンウイークフェア2014」、地場産品の特売や伝統技術の実演、体験も (2014.5.5)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕三条地場産業振興センターでは、ゴールデンウイーク後半の3日から6日まで、「燕三条じばさんゴールデンウイークフェア2014」を開いており、県内外の行楽客などでにぎわっている。

6日まで燕三条地場産業振興センターで開かれている「燕三条じばさんゴールデンウイークフェア2014」
6日まで燕三条地場産業振興センターで開かれている「燕三条じばさんゴールデンウイークフェア2014」

ゴールデンウイークにあわせて開催している同センター恒例の催しで、帰省客や観光客に地場産業をアピール。地場産製品を即売する金物市、にいがた県央マイスターによる実演や体験、笹だんごなど地場の特産品やたこ焼、クッキーなど幅広い品目の日替わりの直売、スーパーボールすくいなどのゲーム(有料)が楽しめる「ちびっこコーナー」など子どもからおとなまで楽しめるイベントを開いている。

フェア2日目の4日は、朝から大勢の行楽客や帰省客が訪れ、駐車場は関東方面や福島、山形など県外ナンバーの車も数多く並んだ。

県央マイスターの大岩信夫さんによる手掘り彫金・彫刻の実演と木の葉の箸置きづくりの体験
県央マイスターの大岩信夫さんによる手掘り彫金・彫刻の実演と木の葉の箸置きづくりの体験

金物市と展示即売場をあわせて包丁が一番人気で、鍋、ステンレスやチタンのタンブラー、くわなども好調な売れ行きだった。

にいがた県央マイスターによる日替わりの実演と体験コーナーではこの日、手掘り彫金・彫刻の大岩信夫さんが実演。体験では木の葉の箸置きづくりを指導した。

東京から家族4人で燕三条に観光で訪れ、姉妹2人で銅製の箸置きづくりに挑戦した6年生の女の子は、1枚の銅を小さな金づちで叩いて丸みを出したりする工程で「丸めるところが難しい」、「思った以上に力がいる」と話したが、世界に1つの作品が形になっていく作業は「楽しい」と笑顔だった。

翌5日の実演は細野五郎さん(玉川堂)の鎚起銅器製造で、体験は銘々皿づくり(参加費800円)、最終日6日は飯塚昇さん(きせる屋のぼる)のキセル製作、体験はミニキセル竹入れ体験(800円)。フェアは、午前9時半から午後5時半まで。入場無料。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com