15日の「三条祭り」大名行列の通り道で市民参加型の清掃活動「天狗様クリーン作戦2014」に11人が参加 (2014.5.13)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市の八幡宮の春季大祭でもある「三条祭り」が14日から始まるのを前に、市内外から多くの見物客が訪れる大名行列の通り道をきれいにしようと11日早朝、市民参加型の清掃活動「天狗様クリーン作戦2014」が行われ、呼びかけに応じた11人が八幡宮から諏訪神社までごみ拾いした。

 11日早朝に行われた市民参加型の清掃活動「天狗様クリーン作戦2014」
11日早朝に行われた市民参加型の清掃活動「天狗様クリーン作戦2014」

天狗様クリーン作戦は、昨年に続いて2年目。大名行列が通る三条中央商店街に事務所を構えるブランディングオフィスアンドオン三条ベースの高橋憲示代表(43)が、中心市街地活性化に取り組むなかで、中心市街地の雑草やごみが目につき、町の中が汚いと感じたのがきっかけだった。

同所に一年でいちばん多くの人が集まる三条祭りの大名行列の通るルートだけでもきれいにしたいと、八幡宮世話方の相場浩さん(45)に相談し、昨年、初めてクリーン作戦を行った。

■■
三条祭りについて説明する相場さん

ことしもSNSのフェイスブックやツイッターで参加を呼びかけ、趣旨に賛同した市民や三条市出身の東京の大学生など11人が参加した。午前6時に八幡宮の鳥居前に集合し、2班に分かれて大名行列の導祖神(天狗)が歩く通りを八幡宮と田島の諏訪神社の2カ所から歩き、それぞれがごみを拾ったり、道路脇の草刈りなどをしながら進んだ。

ごみ拾いをしながら、まちあるきのナビゲーターとしてもおなじみの相場さんが、三条祭りや通りの建物などを解説して、まちあるき気分も一緒に楽しめた。三条出身の大学生と参加した北海道出身の東京の大学生は、「丸井今井邸」と北海道の関係を聴き、ゆかりのない三条市でのふるさととの出会いに感激していた。

参加者で記念写真
参加者で記念写真

1時間余りの作業で、吸い殻や空き缶、枯葉や枯れ枝などボランティアごみ袋4、5袋となった。高橋さんは、吸い殻の多さと道路に落ちている枯葉などから火事の危険性も心配し、注意を促していた。

この日は、八幡宮境内や周辺の弥彦線高架下、本町通りの愛宕神社などでもたくさんの地域の人たちが草刈りや清掃を行っており、まちをあげて祭りを迎える準備が進んでいた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com