燕市・農業体験田「スワローズ・ライスファーム」で田植え、つば九郎と首都圏からツアー客40人が参加 (2014.5.27)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市と東京ヤクルトスワローズのコラボレーションで生まれた同市東太田地内の農業体験田「スワローズ・ライスファーム」の田植えが24日行われ、スワローズのマスコットで燕市PR隊鳥の「つば九郎」と首都圏からの日帰りバスツアーに参加した40人が一緒に田植えを楽しんだ。

農業体験田「スワローズ・ライスファーム」の田植えに訪れたつば九郎
農業体験田「スワローズ・ライスファーム」の田植えに訪れたつば九郎

三条で最高気温は24.5度を記録し、Tシャツで過ごせる夏の陽気に恵まれた。この日は市内のほとんどの小学校の運動会とぶつかって、地元の参加者はいつもより少なく、数十人ていど。ツアー客は観光バス1台で訪れ、つば九郎ファンばかりとあって、つば九郎の姿を見つけると歓声を上げて喜び、さっそく記念写真やサインをねだってにぎやかだった。

田植えを監視?するつば九郎
田植えを監視?するつば九郎

参加者は苗を受け取るとさっそく田んぼに入った手植えに挑戦。はだしになって田んぼに足を入れると、ひんやりしてぬるっとした感覚におとなも子どもも黄色い声を上げた。最初は泥に足を突っ込むことを嫌がっていた都会っ子もいったん、足を入れてしまえばその新鮮な感覚にご機嫌だった。

記念撮影にこたえるつば九郎
記念撮影にこたえるつば九郎

つば九郎は、いつも通りマイペース。参加者を田んぼに落とそうと相撲をとったり、ぬいだサンダルを田んぼに投げ入れたりとやりたい放題で笑いを誘っていた。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com