「芝生カフェキャラバンDAIDOCO青果氷店2014@いわむろや」スタート、新鮮で旬な地元農産物を使った別次元のかき氷 (2014.7.5)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟市岩室観光施設「いわむろや」で3日、「芝生カフェキャラバンDAIDOCO青果氷店2014@いわむろや」がスタート。新潟の新鮮で旬な農産物を使い、かき氷用のシロップを使ったものとは別次元のぜいたくなかき氷を提供している。

31日まで新潟市岩室観光施設「いわむろや」で行われている「芝生カフェキャラバンDAIDOCO青果氷店2014@いわむろや」
31日まで新潟市岩室観光施設「いわむろや」で行われている「芝生カフェキャラバンDAIDOCO青果氷店2014@いわむろや」

初日に用意したかき氷は3種類。新潟市南区の「桃と緑の遊び畑」産のウメ「藤五郎」、新潟市秋葉区のイチゴ「越後姫」、秋葉区のトマトをそれぞれ使ったもので、いずれも500円。

市販のかき氷用シロップには、シロップに着色料と香料が加えられている。着色料の原料が問題視されることもあるが、DAIDOCO青果氷店のかき氷には、そもそも着色料も香料も使われていない。練乳も使わず、果物と野菜以外には砂糖とせいぜいレモン汁くらい。

左がトマト、右がイチゴのかき氷
左がトマト、右がイチゴのかき氷

しかも果肉を生かしたり、ジャムにして使ったり。本物の香りは市販のシロップの比ではなく、同じ食べ物とするのが失礼なほど自然の豊かさを味わえる逸品だ。

「いわむろや」の芝生広場でコーヒースタンド「THE COFFEE TABLE」、ハーブティー専門店「Tea kokiri」とともにキッチンカーを並べており、リゾートのような雰囲気がさらにおいしく感じさせてくれる。

ウメのかき氷
ウメのかき氷

このかき氷を販売しているのは、3人の料理人がチームを組んだフードユニット、新潟ケータリング&フーデザインラボ「DAIDOCO(ダイドコ)」。一昨年、新潟市で行われた「水と土の芸術祭」で「食の記憶研究所」としてかき氷を提供したのに始まり、昨年も「ピア万代」でDAIDOCO青果氷店を営業。それに次いでことしは7月は「いわむろや」で31日まで、8月は秋葉区の「ボーデコール」、盆の8月14日から17日までは三条市のスノーピーク本社に特別出店することになった。

最近になって全国的にかき氷が人気を集め、メディアでもかき氷の名店が紹介されるが、DAIDOCOではそれに先駆けて、地元で生産されている新鮮でおいしい農産物を使わない手はないと、地元の旬な農産物を生かしたかき氷を手掛けた。

スタンドコーヒー、ハーブティーの専門店とDAIDOCOのキッチンカーが並ぶ
スタンドコーヒー、ハーブティーの専門店とDAIDOCOのキッチンカーが並ぶ

市販のシロップの安全性に不安をもつ親は多く、DAIDOCOのかき氷でかき氷デビューを果たす赤ちゃんも多く、「子どもたちにぜひ食べてほしい」と自信をもってPRする。

かき氷の種類は、仕入れた材料がなくなったり、旬の農産物がでてきたりしたら変更する。このあと7月はメロン、スイカ、トウモロコシ、8月はイチジク、ブドウ、カボチャなどが候補に上がっているが、どんなかき氷が食べられるかは、当日のお楽しみだ。「いわむろや」での出店は、午前11時から午後5時まで営業、休日は毎週火曜と第1、第3水曜。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com