櫻家の弥彦芸妓のお座敷遊び入門講座第二弾「七夕の夕べ」に30人が参加して弥彦芸妓と華やかでにぎやかなうたげを堪能 (2014.7.6)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

弥彦温泉の割烹の宿「櫻家(さくらや)」(川上政晴社長)は4日、弥彦芸妓(げいぎ)のお座敷遊び入門講座第二弾「七夕の夕べ」を開き、30人が参加して弥彦芸妓と華やかでにぎやかな情緒あふれるうたげを楽しんだ。

 櫻家で行われた弥彦芸妓のお座敷遊び入門講座第二弾「七夕の夕べ」
櫻家で行われた弥彦芸妓のお座敷遊び入門講座第二弾「七夕の夕べ」

弥彦芸妓は減るばかりだが、芸妓とお座敷遊びを体験したいと思っても、個人では気軽に呼べないことから、櫻家ではことし3月3日に「ひなまつり」にちなんで初めてのお座敷遊び入門講座を開き、今回が2回目。地元弥彦村や燕市から年配の人を中心に定員通り30人が参加した。

弥彦芸妓は12人いるうち5人を呼び、この日のために用意した「鮎と旬菜の懐石膳」、各種地酒や燕市のフード&バー「noanoa」による「日本酒カクテル」とともに楽しんでもらった。

 お座敷遊びの「おまわりさん」
お座敷遊びの「おまわりさん」

和服の芸妓は、三味線と唄で踊りを披露。お座敷遊びや席を回って客をもてなした。芸妓とのお座敷遊びの経験のない人が中心だったが、なかには若いころに散々、遊んだ人も。踊る芸妓に「間違うなよ!」と機先を制し、踊り終わった芸妓に「まっと、やれや!」とちゃちゃを入れると、芸妓も「息が続かねーて」とやり返し、言葉のキャッチボールも楽しんでいた。

お座敷遊びの「おまわりさん」は、太鼓をたたいてリズムを合わせてじゃんけんし、負けたらぐるっと回る。単純な遊びだが、酒が入るほど楽しくなり、大笑いして熱中していた。

席を回って客をもてなす
席を回って客をもてなす
関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com