広報つばめ子ども版をつくる子ども記者に過去最多の23人を任命 (2014.7.10)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市は7日、ことしも子ども記者の任命式を行い、広報「つばめ」10月15日号とあわせて発行する広報「つばめ」子ども版を製作する市内小学校の5、6年生23人を子ども記者に任命した。

燕市で広報つばめ子ども版を製作する子ども記者の任命式
燕市で広報つばめ子ども版を製作する子ども記者の任命式

子どもたちから子ども版の広報紙をつくってもらい、燕市のことを知って燕市を好きになってもらおうと一昨年から行っている取り組み。一昨年の21人、昨年の13を上回る23人が参加を申し込んだ。

 誕生した子ども記者23人
誕生した子ども記者23人

男子3人、女子20人で、学年別は5年生10人、女13人。任命式には保護者と出席し、鈴木力市長から任命書と赤い腕章を受け取った。鈴木市長は「子どもたちが読みたいと思うような記事を書き、もっと小さな子どもたちが楽しんで読んでくれる公報をつくってください」、「仲間と協力し合いながらいい広報を」と期待した。

子どもたちは順にあいさつし、「どんなふうにお米ができるのか、鎚起銅器はどうやってつくるのかなと」、「たくさんの人と友だちになりたい」、「子どももおとなも楽しめるようなすてきな広報をつくりたい」と抱負を話した。

編集会議のアイスブレーク
編集会議のアイスブレーク

また、2人は昨年に続いての子ども記者。「子ども広報の内容が楽しかった」、「とてもおもしろい記事だった」と、これまで発行した子ども広報の魅力にひかれ、子ども記者にあこがれて申し込んだ子どももいた。

このあとさっそく編集会議。アイスブレークを行って4つのチームに分かれ、2チームが職業について、ほかは農業について、図書館についてをそれぞれテーマに取材することに決めた。

チームごとにテーマを決める
チームごとにテーマを決める

このあと取材の内容を詰め、取材の方法を学び、夏休み中に取材を行い、その後、記事を書き、パソコンで紙面のレイアウトも行って各チーム2ページの紙面を作成、表紙も含めて12ページの子ども広報を完成させる。また、ことしは初めて自分たちで子ども広報を製作する過程を撮影した動画もつくる。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com