第8回三条市消防団小型ポンプ操法競技会に13チームが出場、本成寺分団が5連覇 (2014.7.20)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市と三条市消防団(長谷川作雄消防団長)は、20日午前8時半から県三条地域振興局駐車場で第8回三条市消防団小型ポンプ操法競技会を開き、三条、栄、下田の3方面隊から13チームが出場してポンプ操法の技術を競い、本成寺分団が5連覇を達成した。

 13チームが出場してポンプ操法の技術を競った第8回三条市消防団小型ポンプ操法競技会
13チームが出場してポンプ操法の技術を競った第8回三条市消防団小型ポンプ操法競技会

消防技術の向上や団員相互の連携、団体行動を的確にすることなどを目的に、旧三条市時代の昭和63年から毎年、開いている。

出場は三条方面隊6、栄方面隊4、下田方面隊3の計13チーム。1チーム5人編成で計60人の選手が出場した。小型ポンプにホースを設置、延長し、放水するまでの一連の動作を行い、規律や節度、敏しょう性、士気、安全性などの総合審査と所要時間の時計審査の合計で競った。

国定勇人市長をはじめ来賓、選手、役員など150人と応援の消防団員300人の約450人が参加。出場選手は、競技のスタートから終了まで約1分間の素早い行動を披露した。

猛暑のなかできびきびとした動作
猛暑のなかできびきびとした動作

蒸し暑さのなかでも、きびきびとした動作と大きな声で指示を伝えながらの的確な行動に、各チームの競技が終わるたびに拍手が送られていた。

競技の結果は、三条方面隊の本成寺分団が平成22年からの5連覇を達成した。上位3チームと優秀な成績を収めた各操作の選手1人ずつ4人に優秀選手賞を贈った。表彰を受けた3位以上のチームと成績好評の上位6チーム、個人の部の優秀選手は次の通り。敬称略。

  1. 三条本成寺分団(村上拡、佐藤直樹、村上和幸、高野雄一、川上幸一)
  2. 栄第6分団(鈴木一正、羽賀貴信、相場竜次、浅野貴浩、鈴木友也)
  3. 下田第4分団(藤崎正和、難波寿文、難波大地、難波篤史、小林広明)
  4. 三条大島分団
  5. 下田第2分団
  6. 三条大崎分団

[優秀選手賞]

  • 指揮者=藤崎正和(下田第4)
  • 1番員=佐藤直樹(三条本成寺)
  • 2番員=高山儀之(下田第2)
  • 3番員=高野雄一(三条本成寺)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com