燕市内3地区の夏まつりの最後は吉田まつり、1日目25日の民謡流しに40団体から2,000人余りで踊りの輪 (2014.7.26)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市内3地区の夏まつりの最後、第57回吉田まつりが25、26の2日間、JR吉田駅前広場を中心に開かれており、初日25日夜の民謡流しは40団体から2,000人余りが参加して踊りの輪をつくった。

吉田まつり1日目25日の民謡流し
吉田まつり1日目25日の民謡流し

第57回吉田まつりのフォトアルバム

この日は三条で最高気温32.7度のこの夏2番目の猛暑。午後7時でも27.5度と日中の蒸し暑さが残る中、車両通行止めにした吉田駅前広場で、よしだ笑猫による太鼓演舞披露で始まった。

きららおひさま保育園カラーガード、吉田太鼓龍神会の演奏に続いて吉田民謡流しへ。参加した町内や企業は昨年より1団体増え、まつりのはっぴや民謡団体はそろいの踊り浴衣、企業であつらえた浴衣などを着て「吉田ばやし」と「吉田繁盛ぶし」を踊った。

駅前広場でも生演奏、生歌のステージ前で踊りの輪
駅前広場でも生演奏、生歌のステージ前で踊りの輪
ダンディ村使節団も踊りに参加
ダンディ村使節団も踊りに参加

米国ミシガン州ダンディ村から燕市を訪れている使節団の中学生もまつりのはっぴを着て参戦した。途中の休憩では恒例で参加者に氷菓が配られ、火照った体を冷ましてさらに踊り続けた。

昨年まではこれで踊りは終わりだったが、ことしはこのあと駅前広場で「吉田甚句」を踊った。10年以上前まで吉田地区では「ビジョンよしだ」で毎年8月に盆踊りが行われ、そこで吉田甚句を踊った。それが途絶えてから吉田甚句を踊る機会がなくなったことから、吉田まつりで吉田甚句を踊りたいという声があったため、復活させるような形で初めて吉田まつりに組み込んだ。

かつて盆踊りで踊られていた「吉田甚句」を吉田まつりで復活
かつて盆踊りで踊られていた「吉田甚句」を吉田まつりで復活
吉田諏訪神社のまつりの露店も
吉田諏訪神社のまつりの露店も

踊りは民謡流しの2曲より手と足のコンビネーションがはるかに難しい。それでも年配の踊り好きな人を中心に100人近くで輪をつくり、にこにこ顔で張り切って踊り、気持ちのいい汗を流していた。

吉田諏訪神社の例大祭に伴って露店が10店舗ほど出ているの子どもたちにはうれしい。最後は、よさこい吉田繁盛ぶし&竿灯(かんとう)まつり。もちまきを行う竿灯の周りには数百人が群がり、菓子を求めて大にぎわいだった

竿灯のもちまきでフィナーレ
竿灯のもちまきでフィナーレ

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com