つばめ東京オリンピック・パラリンピックプロジェクト会議の講師にミズノの相談役とロンドン五輪やり投げ10位のディーン元気選手 (20147.30)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

2020年東京五輪の選手村に納入される洋食器や厨房用品への採用をはじめ燕製品をアピールを考える「つばめ東京オリンピック・パラリンピックプロジェクト会議」が29日、リサーチコアで開かれ、ミズノ(株)の上治丈太郎相談役と同社社員でロンドン五輪やり投げ10位のディーン元気選手を講師に招いた。

29日開かれたつばめ東京オリンピック・パラリンピックプロジェクト会議
29日開かれたつばめ東京オリンピック・パラリンピックプロジェクト会議

地元業界などからプロジェクトメンバー約20人が出席。鈴木市長は「選手村や会場でどのような道具が使われているか、選手がどんな感想をもっているかがポイント」で、「実際に五輪で状況はどうなのかという話を聞く本当に貴重な機会を設けさせていただくことができた」とあいさつした。

ミズノの上治相談役
ミズノの上治相談役

上治相談役は五輪が開幕してからでは遅い、今からスタートしなければと求め、ディーン元気さんは「選手村の食堂で感じたことを提供して、この燕市がどう次の東京五輪でアピールしいけるかっていうことに対して、どうゆうことができるか、選手の視点で少しでも力になれれば」とあいさつ。このあと「2020東京五輪に向けた燕市の提案について」のテーマで1時半、講話を行った。

ディーン元気選手
ディーン元気選手

このプロジェクトは、東京五輪に向けて個々の企業ではなく地域の企業がまとまってPRしていこうと昨年11月に発足。今は情報収集を中心に活動している。ことし4月から燕市体育協会とミズノで燕市体育センターなど市内体育施の設指定管理者となっていることから、その縁でミズノに講師派遣を依頼した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com