12日夜の本成寺御会式の逮夜に向けて万灯行列に参加する本成寺万灯奉納会の小若連が毎晩、うちわ太鼓の練習 (2014.10.10)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市・法華宗総本山本成寺で13日の宗祖日蓮聖人の命日に行う法要「御会式(おえしき)」の「逮夜(たいや)」と呼ばれる前夜、12日夜に万灯行列が行われる。その万灯行列に参加する団体のひとつ、本成寺万灯奉納会(小林敏文代表)は、週明けの6日から毎晩、本成寺でうちわ太鼓の練習をしている。

本成寺の御会式の逮夜に向けて毎晩、練習する本成寺万灯奉納会の小若連
本成寺の御会式の逮夜に向けて毎晩、練習する本成寺万灯奉納会の小若連

万灯行列は、造花で飾った万灯を引き、うちわ太鼓をたたいたり、題目を唱えたりして行列する。7、8団体が参加し、午後6時半に牛池と黒門の2カ所から出発し、桜土手の名残の道路を右回りに進み、参道から山門を抜けて30分余りで本堂へ戻る。

本成寺万灯奉納会は、その参加団体のひとつ。地元小学生を中心にした小若連として参加する。練習は休みの10日を除いて毎晩7時半から1時間、本成寺客殿で行っており、8日夜の練習には20人余りが参加した。

利き手にばち、反対の手に直径6寸の子ども用のうちわ太鼓をもち、表と裏の2種類のリズムでいわば合奏する万灯太鼓と、赤門からは題目を唱えながらたたく題目太鼓、さらに本堂から客殿へ向かう間にたたくかえり太鼓の3つを練習した。

ほとんどの子どもが昨年も参加しており、体で太鼓のリズムを覚えており、「それ、それ!」と合いの手もにぎやかに練習を繰り返していた。練習後は子どもたちのお楽しみの菓子をプレゼントした。

練習せずに当日だけ参加する子どももあり、4、50人の参加を見込んでいる。ことしはちょうど日曜に当たったので例年以上の参加に期待。代表の会社員小林敏文さん(47)=三条市南四日町3=は、「台風が近づいているのが気になるが、祭りなので子どもたちから精いっぱい、楽しんでほしい」と願っている。当日参加も可能で、問い合わせは本成寺寺務所(電話:0256-32-0008)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com