18日に信濃川大河津資料館で秋恒例の参加無料のサケまつり&信濃川教養講座 (2014.10.16)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

NPO法人信濃川大河津資料館友の会(早川典生理事長)は18日、信濃川大河津資料館=燕市五千石=で「サケまつり&信濃川教養講座」を開き、大河津分水で捕れたサケを使ったサケ汁と新米おにぎりを無料でふるまい、教養講座で「旧可動堰の撤去と保存」について聞いてもらう。

18日開かれるNPO法人信濃川大河津資料館友の会主催「サケまつり&信濃川教養講座」のポスター
18日開かれるNPO法人信濃川大河津資料館友の会主催「サケまつり&信濃川教養講座」のポスター

秋恒例のイベントで、サケまつりは午前11時から開き、を開催します。大河津分水河口で捕れたサケを会員が調理する手作りのサケ汁と、新米コシヒカリの塩むすびをふるまう。雄大な信濃川と竣工した新可動堰、洗堰を巡りながら、秋の味覚とともに心地よい秋の一日を過ごしてもらう。無料レンタサイクルもある。サケ汁がなくなりしだい終わる。

信濃川教養講座は午後1時から開く。講師は旧可動堰の撤去と保存工事を担当した株式会社福田組の戸松立也さん。「旧可動堰の撤去と保存」をテーマに、越後を支えてきた可動堰を壊した土木技術者は、どんな思いで工事に当たったのか。ここでしか聞けない貴重な話となる。

いずれも無料で参加自由。大勢の参加を呼びかけている。問い合わせは同会の斎藤さん(電話:090-1996-1256)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com