三条市長選で無投票で3選の現職国定氏、「フロントランナーになったと思われるような政策展開を貪欲に続けたい」 (2014.10.20)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

19日告示された任期満了に伴う三条市長選は、現職の国定勇人氏(42)のほかに立候補の届け出がなく、無投票で国定氏が3選を決めた。国定氏は3期目の4年間を「再び結果として世の中にとってのフロントランナーになったんだなという風に思われるような政策展開を貪欲に続けていきたい」と意欲を示した。

三条市長選で無投票で3選を果たした現職の国定氏
三条市長選で無投票で3選を果たした現職の国定氏

9月26日の三条市長選立候補予定者説明会には、国定陣営のほかに坪崎幸雄氏(83)が出席し、無投票を阻止するために立候補する考えを示していたが結局、立候補せず、そのほかの立候補者もなく、午後5時に立候補届け出の受け付けが終わると同時に国定氏の無投票当選が決まった。

山井幹事長の音頭で万歳
山井幹事長の音頭で万歳

国定氏はこの日、出陣式を行ってから市内で街宣を行って1日限りの選挙戦を終わると選挙事務所へ戻った。支持者ら約30人が集まった会場は、無投票当選が決まると「祝当選」の張り紙の上に張った目隠しの紙をはがし、そこへ国定氏があらわれると大きな拍手にわいた。

草野恒輔後援会長はあいさつで、自身は坪崎氏の主治医でもあり、2日前、前日と坪崎氏が訪れて立候補をとりやめ、「今後は国定応援団でいきます。なにとぞよろしく」と話していたことを紹介した。国定氏にとって3回目の当選の今回は落ち着いたもので、「ひょっとしてその次もあるかもしれない」との可能性も示し、「将来に向かっていろんな可能性をもっている男で、三条では大事に、大事にしていこうと思っている」とした。

国定氏に花束を贈る
国定氏に花束を贈る

山井太幹事長は、今回の当選で「三条市の今後、4年間の成長が約束されたと思う」とし、1回目の選挙から国定氏を見てきて「本当にいい市長になってきたなと思う。今後4年間は過去8年間の成長をフルに生かしていだける4年間だと思う」とこれまでの実績がさらに力強いものとなることに期待。山井幹事長の音頭で万歳三唱すると、国定氏は深々と頭を下げた。

来賓祝辞で菊田真紀子衆院議員は「今回は(ほかに立候補者を)出せなかった、出れなかった、それだけ市民の皆さんがきちっと(国定氏の)働きを見ておられたと思う」。長岡市の森民夫市長は「市長といういうのはやっぱり3期、12年、それで本当に仕事ができると思ってる。おそらく3期目は今回、無投票ということもあって自信をもってさらにどっしりとして三条の施政のかじ取りをしていただけると思う」。

1日だけの街宣を終わって選挙事務所へ戻った国定氏
1日だけの街宣を終わって選挙事務所へ戻った国定氏

燕市の鈴木市長は、人口減少を食い止めるためにも「三条市と燕市は産業面でこれから大いに連携しながら、しっかりものづくりの地域として産業を持続可能なものにし、さらには大きく発展させる」、「基幹病院はなんとか本当に具体的な具体的な姿が見えるようにさらに協力に県にプッシュしていきたい」、田上町の佐藤邦義は「県央の基幹病院をここまで引っ張ってきたのは国定市長」、「それが3期目の大きな事業だと思うので、どうか県央リーダーとして、しっかりついていくのでよろしくお願いする」、国定氏の盟友の大阪府・箕面市の倉田哲郎市長は「もちろん国定市長の頑張りもあったと思うが、それ以上に支援者の皆さんが非常に強固に支援してしてくださったからこそ、ほかに(立候補者が)出ようがなかったというのが実態だったと思う」とそれぞれ述べた。

 選挙事務所であいさつする国定氏
選挙事務所であいさつする国定氏

国定氏はあいさつで、今春の三条市議選では80歳代の市議が誕生し、今回は83歳の坪崎さんが立候補の医師を示していたのは、「スマートウエルネスシティ構想がある意味、現実のものとなった」とし、坪崎氏が手を挙げたからこそ市内各地で3期目でやりたいことを主張する場をつくることができ、市民とのふれあいができ、自身の方向感に確信をもつなかで無投票で結実したと感謝した。

 選挙事務所であいさつする国定氏
選挙事務所であいさつする国定氏

この選挙戦の形をつくってくれた人に恩返しができるとすれば「約束させてもらった今後4年間の方向感、処法箋をひとつひとつ取りこぼしなく着実に実行していくこと」とした。前回の市長選で争点となった小中一貫教育、小中一体校も今では政府全体で小中一貫教育を制度の柱にしようとしており、自身も中央教育審議会の小中一貫教育特別部会の委員として制度化の作業にあたっており、来年には通常国会で改正という形で提案され、小中一貫教育が中等教育学校と同じような形で制度化される見通しで、結果として日本全体で大きな投げかけをし、フロントランナーとして全国に誇れる教育制度をつくることができ、「これから先の4年間、再び結果として世の中にとってのフロントランナーになったんだなという風に思われるような政策展開を貪欲に続けていきたい」とした。

7日間の選挙戦のつもりだったので、無投票であっけなく、あっさりと終わることに戸惑いがあるが、「再び市民の皆さまから付託をいただいたんだということをかみしめつつ、あしたから三条施政、新たな展開に着手していきたい」と述べた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com