11月2日にスポーツランド燕で元ソフトボール日本代表監督の宇津木妙子さんによるソフトボール教室 (2014.10.24)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

ソフトボール日本代表の監督として五輪で活躍した宇津木妙子さんを講師に小学生を対象にしたソフトボール教室が11月2日、燕市・スポーツランド燕で開かれる。

11月2日に燕市・スポーツランド燕で開かれる小学生を対象にしたソフトボール教室で講師を務めるソフトボールの基日本代表監督、宇津木妙子さん
11月2日に燕市・スポーツランド燕で開かれる小学生を対象にしたソフトボール教室で講師を務めるソフトボールの基日本代表監督、宇津木妙子さん

宇津木さんは埼玉県生まれで名門星野女子高校(現星野高校)を経て日本リーグ1部だった岐阜ユニチカ垂井に所属、74年に世界選手権出場した。85年に現役を引退するとジュニア日本代表コーチを経て日立高崎(現ルネサスエレクトロニクス高崎)の監督に就任。今は日本ソフトボール協会常務理事(国際委員長)、文部科学省中央教育審議会委員等を歴任する。

日本代表監督として98年に世界選手権で銅メダル、00年のシドニー五輪で銀メダル、04年のアテネ五輪で銅メダルを獲得。アテネ五輪では投手に上野由岐子を擁し、宇津木ジャパンとして活躍し、感動を呼んだ。今も日本のソフトボール界の顔として課外授業の講師や講演活動を精力的に行い、熱血先生、指導者として活躍している。

教室は午前11時から午後1時まで実技指導する。小学生のソフトボールチームの監督やコーチにもノックを受けてもらうメニューもあるようだ。定員100人、参加費はひとり1,000円で雨なら屋内練習場で行う。燕市外からも参加でき、23日までに市内のほかに三条市、新潟市、長岡市、上越市などから61人の参加申し込みがある。

主催は今年度から燕市体育施設指定管理者となっている燕市体育協会・ミズノグループで、ミズノビクトリークリニックとして開く。ミズノビクトリークリニックとは、トップアスリートによる実技指導、講演、講習会、トークショー、サイン会などの統一名称。ミズノの社員選手や契約選手を起用して日本全国各地に講師として派遣し、スポーツにふれあう機会を提案している。

燕市体育協会・ミズノグループでは、6月にもシドニー五輪銅メダリストの田中雅美さんを講師に教室を開いたのに続いて2回目のミズノビクトリークリニック。日本代表監督に直接、指導を受けられる貴重な機会で、見学も大歓迎だ。参加申し込みは燕市大曲、燕市体育センターをはじめ市内の吉田総合体育館、ビジョンよしだ、分水総合体育館で受け付けている。問い合わせは燕市体育センター(電話:0256-64-3091)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com