8日に農産物直売所「ふるふる」で「産直カフェ otomo」のランチメニューに登場するみそ汁のふるまい試飲会 (2014.11.8)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市大島、農産物直売所「ふるふる」に併設のレストラン「産直カフェ otomo(おとも)」では、8日午前9時から「ふるふる」の正面玄関前で「みそ汁ふるまい試飲会」を開き、レストランのランチメニューに付く、「だし屋ジャパン」のオリジナルブレンドのだしと「団四郎味噌」がコラボしたみそ汁を試飲してもらう。

8日午前9時から「ふるふる」の正面玄関前で「みそ汁ふるまい試飲会」 を行うレストラン「産直カフェ otomo」のオーナー山岸さん(右)とだし屋ジャパンの高橋事業統括部長
8日午前9時から「ふるふる」の正面玄関前で「みそ汁ふるまい試飲会」 を行うレストラン「産直カフェ otomo」のオーナー山岸さん(右)とだし屋ジャパンの高橋事業統括部長

みそ汁100杯近くを無料でふるまって試飲してもらい、なくなりしだい終了。あわせてコラボ商品のだし「だしパックオリジナルブレンド」も特別限定販売する。

このみそ汁のベースとなるだしは、三条市栗林、株式会社新栄食品のだし専門店だし屋ジャパンが、カツオをベースにサバ、イワシ、アジの4種類の粉末のだしをレストラン限定でブレンド。団四郎味噌は新潟市南区新飯田で3代続く老舗味噌屋で、地元三条市の人たちに好まれるみそ汁をつくりあげた。

 「産直カフェ otomo」のランチメニューとだし屋ジャパンのオリジナルブレンドの粉末だし、団四郎味噌
「産直カフェ otomo」のランチメニューとだし屋ジャパンのオリジナルブレンドの粉末だし、団四郎味噌

「ふるふる」はことし7月にオープンしてから間もなく、だし屋ジャパンのだしを取り扱い、販売するようになった。カツオ、ニボシ、イワシ、ムロアジなど各種の粉末だしもそろえており、レストランのオーナーで野菜ソムリエの山岸拓真さんが粉末のだしをもらって配合割合を変えて味の違いを試してみた。

「とにかく家で使ってみて楽しかった」と山岸さん。そこでオリジナルのブレンドでランチメニューのみそ汁に使ってみようと考え、いろいろ試して11月に入ってから本格的に導入した。

レストランのオリジナルブレンドの粉末だし
レストランのオリジナルブレンドの粉末だし

だし屋ジャパンでは、みそ汁1杯分の水0.1リットルに粉末だし3グラムの利用を勧めているが、半分の1.5グラムでも十分にだしの味と香りを楽しめる。粉末だしは水に溶くだけなので、手間は調味料を入れるのと大差ない。「現実的な問題として、調理時間の短縮を考えないと家庭ではだしを使ってもらえないが、これなら手軽にだしの良さをわかってもらえる」と山岸さんは太鼓判を押す。

レストランはご飯とみそ汁が食べ放題で、ご飯は常に2軒の専業農家が生産したコシヒカリを用意して食べ比べできるようにしてある。そんなこだわりから、おのずとみそ汁の味も重要になる。山岸さんは「おいしい定食でも意外とみそ汁はインスタントのようなものを出している店がある。逆にうまいみそ汁を強みにしたい」とねらう。

「ふるふる」店内のだし屋ジャパンのコーナー
「ふるふる」店内のだし屋ジャパンのコーナー

オリジナルブレンドのだしは、「ふるふる」でも100グラム入り590円で販売している。一般の粉末だしは化学調味料などが使われるが、だし屋ジャパンでは一切、使わずにだし本来の味だけで勝負。だし屋ジャパンの高橋直彦事業統括部長は「業務用ではブレンドしただしを用意していたが、家庭用にはなかった。このだしをレストランのランチで味わったり、自分で使ったりしてだしが身近なものになれば」と話している。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com