三条市除雪対策協議会、異常降雪なら早い段階で通行止めして除雪作業を集中的に実施 (2014.11.12)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市は10日、平成26年度除雪対策協議会を開き、国、県、市それぞれが今冬の除雪計画を説明し、自治会や関係機関に理解と協力を求めた。

10日開かれた三条市の平成26年度除雪対策協議会
10日開かれた三条市の平成26年度除雪対策協議会

同協議会は三条市をはじめ新潟と長岡の国道事務所、県三条地域振興局、三条署、商店街、建設業協会、自治会などの団体の代表者らで構成する。毎年、降雪期を前に市内の国県道と市道の除雪計画を担当機関が説明し、確認している。

午後1時半から市役所で開いた同協議会は、40人余りが出席。三条市内の除雪路線は、国道8号が国土交通省の管轄で、新潟方向の代官島から土場までの10kmが新潟国道事務所黒崎維持出張所、若宮新田から千把野新田までの5.1kmを長岡国道事務所長岡維持出張所が担当。国道289号、290号、403号、主要地方道と一般県道の計151.9kmを県三条地域振興局。市道を三条市が管理している。

それぞれの基本方針は、ほぼ昨冬と同じ。変更のあった1つは国道8号・17号の除雪計画の「除雪目標」。「異常降雪により2車線確保が困難になると想定される場合」の交通の確保について、昨年の「5日間程度」から、「早い段階で通行止め措置を行い、除雪作業を集中的に実施」となったことで、担当の長岡国道事務所では、現実的に通行止めができるのか対応を詰めているところとした。

また、県三条地域振興局によると、同所の観測では昨冬の積雪は最大積雪深15センチで累計378センチ。過去9年かのデータによれば例年に比べると少なく、今冬の降雪は平年並みとの予想がされていることから、「昨年よりは降ると覚悟している」と話した。

三条市の機械除雪やスノーポールの設置などを含んだ除雪費は、前年度の平成25年度は2億5,400万円。平成24年度は4億7,100万円だった。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com