障害者がパソコンを回収、基盤をリサイクルする基盤事業「新潟県基盤ネットワーク」が「かもしか病院」のパソコンを大量に回収 (2014.12.16)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

障害者がパソコンなどを解体して基盤を取り出す、その名も“基盤事業”に取り組む県内20の障害者施設が参加する「新潟県基盤ネットワーク」(梅沢康宏会長)が16日、医療法人社団しただ(北沢幹男理事長)が運営する「かもしか病院」=三条市長野=の仕事を初めて受注し、同病院が廃棄するパソコン5、60台を回収した。

かもしか病院でパソコンを回収、ハードディスクドライブを分解して物理的にデータを破壊する「新潟県基盤ネットワーク」
かもしか病院でパソコンを回収、ハードディスクドライブを分解して物理的にデータを破壊する「新潟県基盤ネットワーク」

新潟基盤ネットワークに参加するいずれも障害者就労支援B型事業の「のんびーりAXIS(アクシス)」=新潟市西区寺尾東2=と「またたびの家」=魚沼沼市須原=からそれぞれ利用者と担当職員1人ずつ、計4人が「かもしか病院」を訪れた。

仕事は解体作業なので、そのまま職場に持ち帰ってもできるが、現場で作業することにポイントがある。記憶メディアの破壊だ。パソコンのデータは一般にHDD(ハードディスクドライブ)に保存されている。持ち帰ってデータを破壊すると約束しても、顧客にとっては本当に破壊しているのか、不安が残る。そこで顧客の目の前でデータを破壊しようというわけだ。

集めたパソコンを分解してHDDを取り出し、さらにHDDをドライバーで分解して格納されている磁気ディスクを露出させ、磁気ディスクの表面を直接、ドライバーで傷つける。データをソフトウエアで消去する方法もあるが、それだけではデータを復旧できる場合がある。物理的に破壊することで、二度とデータが読み出せなくなり、情報漏えい対策は万全だ。

同法人では、7年をめどにパソコンを新しいものに買い替えているが、ことし4月にマイクロソフト社がWindows XPのサポートを終了したのに伴ってパソコンを更新し、一挙に5、60台のパソコンを廃棄することになった。

これまで廃棄するパソコンは、総務部の担当者がデータを消去したうえで回収業者にリサイクル料金を払って回収してもらっていた。しかし、今回は大量のパソコンを廃棄するため、途方に暮れていたところ、たまたま参加した就職説明会の会場にPRに訪れていた「新潟県基盤ネットワーク」を知り、さっそく回収を依頼した。

ハードディスクドライブドライブを分解して磁気ディスクの表面にドライバーで傷を付けて破壊する
ハードディスクドライブドライブを分解して磁気ディスクの表面にドライバーで傷を付けて破壊する

回収料金は無料。しかも自分ではできないHDDの物理的な破壊まで目の前でやってくれる。しかも病院のパソコンには、極めて重要な患者の個人情報が入っており、担当者は「1台ずつ自分のHDDを消去する作業に気が重くなっていたが、無料でここまでやってくれて、いいことばかり」と手放しの喜びようだ。

「新潟県基盤ネットワーク」は「のんびーりAXIS」が3年前に始めた。パソコンなど小型家電品を回収し、解体して基盤などの部品を取り出し、レアメタルを国内のリサイクル業者から引き取ってもらい、その対価を利益とする。パソコン1台で平均1,000円ほどになる。一般に福祉施設での障害者の賃金は数千円ていどにしかならないが、基盤事業は数万円になる。

リサイクル業者のなかには、発展途上国に運んで不法投棄するところもあるが、「新潟県基盤ネットワーク」は国内の大手リサイクル業者と取り引きしているので、環境破壊のリスクもない。また、福祉施設では、ものづくりの仕事を行っているところもあるが、「壊すのはおもしろがってやってくれる」と「またたびの家」の木曜工賃達成委員、大桃秀司さんが話すように、利用者にも向いており、数多くのメリットがある。

この事業を広げると、次々と福祉施設が参加し、今では20施設が加盟。この仕事に携われる利用者は合わせて120人になり、「またたびの家」だけでも年間6,000台ものパソコンを回収。全国から注目を集め、山形、群馬、大阪へも基盤事業に取り組む福祉施設が広がっている。

まだ県央地域の福祉施設で加盟している施設はないが、基盤事業が広がって少しでも障害者の環境改善に寄与することが期待されている。事業に関する問い合わせや回収の申し込みは事務局の「またたびの家」(電話:025-797-3880、電子メール:matatabi@tea.odn.ne.jp)へ。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
8/27・28 阪神vs巨人 三条パール金属スタジアム
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com