下田郷の森町地内で例年より3週間も早いペースでハクチョウが飛来、16日は300羽超す (2014.12.16)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市のハクチョウの飛来地で知られる下田郷の森町地内では、例年より3週間ほども早くハクチョウが飛来しており、16日も300羽を超すハクチョウが五十嵐川で羽を休めている。

 16日の三条市森町のハクチョウの飛来地のようす
16日の三条市森町のハクチョウの飛来地のようす

例年12月も半ばになってからハクチョウの数がぐっと増えるが、ことしは11月下旬から早くも飛来ラッシュに。早いハクチョウは10月下旬から飛来したようだ。

ハクチョウは冬の使者。飛来が早かったから12月上旬の早い時期から大雪に見舞われたのではと勘繰りたくもなる。

下田郷の冬の風物詩のひとつ
下田郷の冬の風物詩のひとつ

先週末の大雪が一息ついた16日は、えさを求めて飛び立つハクチョウは少なく、午前中はほとんどのハクチョウが五十嵐川の川面に浮かんで過ごしていた。五十嵐川の河川敷は真綿のように真っ白で見るからに柔らかそうな新雪で覆われ、ハクチョウは水中に首を突っ込んでえさを探したり、「クークー」と競うように大きな声で鳴いたりしている。

300羽を超すハクチョウで鳴き声もにぎやかに
300羽を超すハクチョウで鳴き声もにぎやかに

河川敷を下りて水際まで行けば、手の届くような距離でハクチョウを見ることができ、寒さは敬遠したい人にも昨年オープンした「白鳥の郷公苑」の建物の中から望遠鏡も使ってハクチョウを観察でき、冬の風物詩をが味わえるお勧めスポットだ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com