田上町・あじさい塾の筍掘り体験会に定員枠を拡大して150人が参加、春を五感で味わう (2015.5.4)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

田上町のまちづくりのボランティア団体「あじさい塾」(阪内机由塾長)は3日、田上町・原ヶ崎運動公園で筍(タケノコ)掘り体験会を開き、定員枠を拡大して150人が参加し、タケノコ掘りを体験し、体を動かしてからタケノコ汁で旬の味覚を味わった。

「あじさい塾」による田上町・原ヶ崎運動公園での筍掘り体験会でタケノコ汁を味わう参加者
「あじさい塾」による田上町・原ヶ崎運動公園での筍掘り体験会でタケノコ汁を味わう参加者

湯田上温泉で知られる田上町は、約17ヘクタールもの竹林があり、タケノコは名物のひとつ。それを生かしてタケノコを掘りを広く体験してもらおうと毎年行っており、定員を上回る参加希望があるため、往復はがきで申し込んでもらう人気イベントだ。

 朝採りのタケノコで調理したタケノコ汁
朝採りのタケノコで調理したタケノコ汁

今回も定員100人で募集したところ240人もの申し込みがあったため、50組の150人に定員を拡大して受け入れた。「あざさい塾」の会員は43人のうち22人が参加。竹林に入って親子で力を合わせてタケノコを掘る方法を指導した。

掘ったタケノコのうち1本は無料で持ち帰り、それ以上は購入。また、タケノコを掘っている間に会員が先に採って調理しておいたタケノコ汁をふるまった。青空が広がって夏を思わせる汗ばむような陽気に恵まれ、一汗流して花が咲くヤエザクラの下でタケノコ汁を味わい、五感で春を満喫した。

収穫したタケノコ
収穫したタケノコ

参加者は新潟市をはじめ田上町の近隣の町からの参加が多く、町内の参加は数えるほど。3年連続で鹿児島県の屋久島から帰省がてらに参加した人もいた。

イベントがほぼ終わって一息つくあじさい塾の会員
イベントがほぼ終わって一息つくあじさい塾の会員

毎年、小学生の息子と参加しているお父さんは、「タケノコがどういうふうに生えていて、どうやって収穫するかを見てほしかった」。3年連続で長岡市などから親族4人で参加した具グループは、「掘るのも楽しいし、タケノコ汁もおいしい。毎年、楽しみにしていて、これからも参加したい」と話していた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com