白藤茶会に200人余りが参加してフジの花の香りとともに茶を味わう (2015.5.12)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市教育委員会と燕市内の8人の茶道の先生が会員の燕茶道友の会(佐藤宗和会長)は10日、県指定天然記念物「八王寺の白藤」を保存する燕市八王寺、安了寺で第39回白藤茶会を開き、200人余りが参加してフジの花の香りとともに春の茶会を楽しんだ。

200人余りが参加して県指定天然記念物「八王寺の白藤」を保存する燕市八王寺、安了寺第39回白藤茶会
200人余りが参加して県指定天然記念物「八王寺の白藤」を保存する燕市八王寺、安了寺第39回白藤茶会

「八王寺の白藤」の開花期にあわせて毎年開いている。庫裏(くり)に茶席を設け、席主は燕茶道友の会会員の回り持ちで、ことしは裏千家の大泉宗寿さん=燕市仲町=が席主を務めた。

 菓子「花筏」
菓子「花筏」

フジ棚は30×20メートルもの広さがある。毎年5月半ばに白い花房を下げて市外からも大勢の見物客を集めているが、ことしは例年より開花が1週間以上も早く、すでに花のピークを過ぎ、先に花が咲く花房の上の方はすでに花が終わりかけ。甘い花の香りも弱くなっていたが、少し離れて見れば満開のころと大差なく、まだ十分に花見を楽しめた。

盛りは過ぎたがまだ十分に花見が楽しめる八王寺の白藤
盛りは過ぎたがまだ十分に花見が楽しめる八王寺の白藤

ほかの茶会に開かれた茶会とはしごして和服で訪れる人も多く、外は肌寒かったが、和服には最適な陽気だった。菓子は近くを流れる中ノ口川とフジの花をテーマにした「花筏(はないかだ)」。“花筏”は散った花びらが水面に浮かぶようすを言う。お運びをする人もフジ色の着物を用意するなど趣向を凝らし、春の茶会を堪能していた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com