17日の燕・戸隠神社の春季祭礼は、万灯に加えて神輿行列や舞い込み (2015.5.19)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

16日に宵宮に続く17日の燕市宮町、戸隠神社(星野和彦宮司)の春季祭礼は、万灯に加えて神輿行列や舞い込みが行われた。

横町万灯組の舞い込み
横町万灯組の舞い込み

17日の燕・戸隠神社の春季祭礼

17日も抜けるような青空に恵まれた。16日に続いて木場小路万灯組と横町万灯組の2つの万灯組が「伊勢音頭」にあわせた小学生の女の子による踊りで家々を回る門付けや外で踊りを披露する下座を行った。昼前から境内に弥彦村の公式キャラクターとなった「もち-うさぎ」が登場し、子どもたちの人気者になっていた。

戸隠神社にもち-うさぎ登場
戸隠神社にもち-うさぎ登場

一方で午後4時から大通りの西側、旧太田村との境界から戸隠神社に向かって戻る形でみこし行列が行われた。以前は大名行列を行ったが、人手不足で行列を編成できず、一昨年からみこし行列に変えた。代わりに少しでも行列を盛り上げられればと、道中の数カ所で4人の稚児が舞を披露した。

神輿行列
神輿行列

そして夜は木場小路と横町の万灯組がそれぞれ舞い込みを行った。参道を駆け抜けて拝殿へ上るもので、子どもたちの舞い込みのあと若連中が舞い込み。若連中はいちばんを争って参道を猛ダッシュし、拝殿に入ると飛び跳ねて最後の力をふりしぼって気勢を上げた。

稚児による舞
稚児による舞

それが終わると一転して静寂の世界。笛や太鼓が響くなか、みこしが還御。両万灯組の若連中が参道を囲み、暗い境内で上横町神楽保存会が獅子神楽を舞ったあと、みこしに載せたみ霊を再び神殿に戻し、最後に渡辺大蔵権禰宜(ごんねぎ)があいさつして祭りを締めくくった。

舞い込みを終わって万歳する木場小路万灯組
舞い込みを終わって万歳する木場小路万灯組

渡辺権禰宜は、総代会会長や横町万灯保存会の会長だった石黒克裕さんが急逝し、「自分たちの手で一から祭り行事をつくりあげなきゃならないという直面した課題にさらされた春祭り」だったが、大勢の尽力や知恵で還御を迎えられたことを喜んだ。

上横町神楽保存会による獅子神楽
上横町神楽保存会による獅子神楽

同時に学ばなければならない点も多く、「これらを神さまからの教訓、父祖からの教訓、石黒さまからの教訓として来年以降に生かすことができるか」と問い、協力してくれた人たちに感謝した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com