青年海外協力隊員としてアフリカのマラウイ共和国に派遣される三条市出身の野水寛海さんが三条市長を表敬 (2015.6.29)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

7月に青年海外協力隊員としてアフリカ大陸南東部のマラウイ共和国に派遣される三条市出身の野水寛海さん(27)が25日、国定勇人三条市長を表敬訪問し、現地での活動などを話した。

国定三条市長を表敬訪問した青年海外協力隊員としてアフリカ大陸南東部のマラウイ共和国に派遣される三条市出身の野水さん
国定三条市長を表敬訪問した青年海外協力隊員としてアフリカ大陸南東部のマラウイ共和国に派遣される三条市出身の野水さん

野水さんは、第一中学校、三条東高校、神奈川大学を卒業し、ことし1月まで神奈川県横浜市で介護福祉士の仕事に就いていた。青年海外協力隊を目指すきっかけは、大学の国際問題の授業で世界では今も貧困が続く地域があることに疑問をもち、少しでも自分にできることがないかと考えたこと。当時は、スキルも知識もないとあきらめたが、協力隊員になりたいという思いがあり、志願した。

マラウイでは、土壌侵食対策のための農業と女性の生活改善などを行う。野水さんは、「生活を一緒にし、同じ目線で、同じ方向を向いて活動したい」、「現地の方に話しを伺いながら、役に立てることがあれば活動していきたい」と話した。

■■
握手して野水さんを激励する国定市長

国定市長は、「すごいところに行くんだね」、「あんまり無茶はしないで」と自身が大学4年のときに1年間、中国で過ごしたときに身の危険を感じたエピソードなどを話し、エールを送った。

野水さんは、本県出身の1人を含む隊員13人で7月6日に出発する。任期は2年間で、日本への帰国は自費で1回だけできる。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com