スワローズOBを講師に中学生野球教室、燕市内3中学校の1、2年生野球部員40人が学ぶ (2015.7.19)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市教育委員会は19日、燕市・サンスポーツランド分水の野球場で東京ヤクルトスワローズOBを講師に中学生野球教室を開き、市内3つの中学校から1、2年生40人が参加してプロ野球を経験した3人から指導を受けた。

 東京ヤクルトスワローズOBを講師に中学生野球教室
東京ヤクルトスワローズOBを講師に中学生野球教室

燕市とスワローズとのコラボレーション事業の一環として毎年開いてる教室で、ことしで4年目。元スワローズの野手の丸山寛二さんが主宰する「東京神宮リトルシニア」の燕市合宿にあわせて開き、丸山さんも講師を務めているいるが、今回、丸山さんは都合が悪くなって参加できず、スワローズの投手だった三橋豊夫と浅野啓司、外野手だった青木実さんが指導した。

まだ県大会を戦っている吉田中と燕中は参加できず、参加したのは分水中、小池中、燕北中の3校野球部の部員で、すでに3年生は引退しているので1、2年生が参加した。

手取り足取りで指導
手取り足取りで指導

この日の最高気温は29.5度と真夏日に迫り、ぴりぴりと痛いくらいの日差しのなか、教室はウオーミングアップに始まり、走塁の練習、キャッチボール、ポジション別の練習、バッティングと進めた。

講師はどうやったら体がどう動くかを手取り足取りで指導するとともに「キャッチボールは相手に対する思いやりが大切」、「野球は個人競技ではないことを忘れないように」とチームワークの重要性など考え方もきっちり指導した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com