加茂暁星高校看護科で元青年海外協力隊の看護師が国際看護について講演 (2015.10.8)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

加茂市・加茂暁星高校(飯沼和男校長)は、新潟県魅力ある私立高校づくり支援事業「国際人材の育成」の一環で7日、同校で看護科の1、2年生131人を対象に国際看護講演会を開いた。

加茂暁星高校で看護科1、2年生を対象に講演する酒井照子さん
加茂暁星高校で看護科1、2年生を対象に講演する酒井照子さん

講師は保健師で看護師の酒井照子(あきこ)さん(38)。神奈川県出身で東海大学医学部付属病院に7年間、勤務した後、青年海外協力隊として07年から2年間、東南アジアのラオスへ派遣され、看護師隊員として看護師養成学校での指導や看護環境の改善にあたった。

その後は神奈川に戻って実習指導教員を務めるなどしたが、昨年12月にインドに移住し、ことし5月からしばらく帰国している。加茂暁星高校では、13年から5年生を対象に国際看護学の講師を務めたこともあって今回の講師を依頼したが、1、2年生に対して話すのは初めて。

 加茂暁星高校で看護科1、2年生を対象に講演する酒井照子さん

テーマは「国際看護の扉〜世界を知ると自分が見える〜」。酒井さんは、世界には貧しくて十分な医療を受けられない人がたくさんいることを知ってから、世界を視野に入れた看護である国際看護を目指し、これまでの歩みを振り返りながら国際看護の意味や役割をについて話した。

酒井さんが生徒にどんな看護師になりたいかとマイクを向けると、生徒は「患者の立場から看護を考えられるような看護師になりたい」、「在宅看護を勉強していきたい」などと話し、生活のなかではなじみの薄い国際看護に関する酒井さんの話をメモを取るなどして聴講していた。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com