燕市の第8回料理コンクールで新潟市秋葉区の瀬倉かえでさんが2年ぶりに2回目の最優秀賞に輝く (2015.10.12)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

コメを中心とした日本食の良さを見直し、コメと米粉の消費拡大、地産地消を推進しようと11日、燕市国上、道の駅国上のふれあいパーク久賀美で第8回料理コンクールが行われた。

燕市の第8回料理コンクールに「黒米蒸しまんじゅう」で応募して2年ぶり2回目の最優秀賞に輝き、鈴木市長から副賞のコシヒカリ「飛燕舞」を受ける瀬倉さん
燕市の第8回料理コンクールに「黒米蒸しまんじゅう」で応募して2年ぶり2回目の最優秀賞に輝き、鈴木市長から副賞のコシヒカリ「飛燕舞」を受ける瀬倉さん

料理コンクールは燕市、燕市農業委員会、燕市農村地域生活アドバイザー連絡会が主催し、ことしで8年目。「アイデア米・米粉料理」部門21品、「キャラクター弁当」部門5品、「黒米粉スイーツ&料理」部門8品の合わせて3部門に、27人から昨年より3点多い34品の応募があった。

新潟調理師専門学校の吉田育子校長が審査し、最優秀量1品と優秀賞4品、アイデア賞2品を決め、表彰した。

最優秀賞を受けた瀬倉さんの「黒米蒸しまんじゅう」
最優秀賞を受けた瀬倉さんの「黒米蒸しまんじゅう」

最優秀賞は、瀬倉かえでさん(25)=新潟市秋葉区=の「黒米蒸しまんじゅう」が受賞し、瀬倉さんには鈴木力市長から賞状と副賞の飛燕舞60kgとナシ1箱を贈った。瀬倉さんはケーキ店でアルバイトをしている。このコンクールには4回目の応募で、一昨年も「おかず」部門に応募した「やわらか豚肉甘辛なしダレ」で最優秀賞に輝いており、2年ぶり2回目の頂点を極めた。

今回は「黒米粉スイーツ&料理」部門に応募した。「黒米を使うという枠があったので、この際、本当に真っ黒になったものをつくろうと思った」と瀬倉さん。「米粉を使ったもっちり感を出すために生地をねかせる工夫もした」というこだわりの逸品だ。

 受賞者と関係者で記念写真、前列は左から吉田校長、受賞者の米田さん、佐藤さん、瀬倉さん、古沢さん、木村さん、鶴巻さん
受賞者と関係者で記念写真、前列は左から吉田校長、受賞者の米田さん、佐藤さん、瀬倉さん、古沢さん、木村さん、鶴巻さん

審査員の吉田校長は瀬倉さんの作品について、料理は5色を入れるのがバランスがとれていると言い、黒を出すのが難しいとしたうえで、瀬倉さんの作品は「食べやすく、黒砂糖、黒米を使ってとてもいい」とし、「商品化できるのでは」と高く評価し、商品化を期待した。優秀賞と愛で賞の受賞料理は次の通り。敬称略。

料理名 受賞者 住所
優秀賞 カラフル笹団子 佐藤マサ子 燕市白山町3
きららん弁当 米田容子 燕市日之出町
紫宝ハート 木村貴美子 燕市分水旭町1
にっこりコロッケ
(さつま芋入り
五目ごはんコロッケ)
古沢雪江 燕市野中才
アイデア賞 混ぜオムレツ 遠藤良子 燕市真木山
黒い誘惑 鶴巻亮子 燕市杣木


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com