燕三条Wingで蒔絵体験に16人が参加、筆先に全神経を集中 (2015.10.25)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕三条駅観光物産センター「燕三条Wing」は24日、同センターで蒔絵(まきえ)体験を行い、午前と午後の2回の体験に定員通りの合わせて16人が参加し、蒔絵の魅力に熱中して取り組んだ。

「燕三条Wing」で蒔絵体験
「燕三条Wing」で蒔絵体験

三条・燕・西蒲仏壇組合の蒔絵師、春日美雪さんが講師を務めた。蒔絵は漆で絵を描き、その上に金、銀や色の粉をまいて絵模様をつける技法。漆はかぶれる場合があるので、それに変わる材料を使い、10色近くの粉を用意した。

蒔絵を描く物は、名刺入れ、スマホ&めがねスタンド、鏡など5種類のなかからひとつを選んだ。春日さんが型紙を用意し、好きな図柄の型紙を選んでカーボン紙で転写するので、絵心がなくても安心だ。

参加したのはひとりを除いてすべて女性。燕三条地域がほとんどで、弥彦村や長岡市寺泊から参加する人もいた。型紙は花や蝶を選んだ人が多く、時間も忘れて筆先に全神経を集中させていた。

参加者がスマホケースに描いた蒔絵
参加者がスマホケースに描いた蒔絵

細かな部分など難しいところは春日さんに助けを求めた。ためらわずに筆先を走らせて微細な描写をすらすらと完成させる技術に、参加者は息を止め、かたずを飲んで見守り、「すご〜い!」と目を丸くして驚いていた。

どの参加者も一見しただけでは素人の作品とは思えない出来栄えに大満足。何年かぶりに蒔絵に挑戦した燕市の30歳代の女性は名刺にツバキの花を描き、「縁を残して塗るところが難しかった」とにっこり。春日さんから型紙よりもおもしろい形の茎を描いてもらった。「先生があんなに簡単にするすると描けるなんて」と脱帽だった。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com