ことしも道の駅国上で正月飾りの八丁紙を販売、えとのデザインは完売も (2015.12.5)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市国上、道の駅国上の「味処花てまり」で、ことしも紅白の紙を切って作る正月飾りの八丁紙を販売しており、すでに売れ切れとなったデザインもあり、順調に売れている。

道の駅国上の「味処花てまり」で販売している八丁紙
道の駅国上の「味処花てまり」で販売している八丁紙

八丁紙は白い紙で切り絵を作り、下に赤い紙を敷いて紅白のめでたい図柄を作る。越後では、供えもちや神棚、玄関などに元旦から1月11日の蔵開きまで飾る習慣がある。

「味処花てまり」は毎年、地元燕市分水地区の切り絵サークル「分水切り絵村」が製作した八丁紙を販売しており、ことしも11月上旬から販売を開始した。図柄は来年用のえとのサルをデザインした4種を各種320円、毎年作っている縁起物の「鯛」、「鶴亀」、「大黒」、「賀正」の4種を各種330円で販売している。

8種類のデザインの八丁紙はサルのデザイン2種類がすでに完売
8種類のデザインの八丁紙はサルのデザイン2種類がすでに完売

ほかに自分で作ることができる八丁紙赤白紙セット10枚入り(500円)や白紙10枚セット(200円)も販売。すでにサルをデザインした人気の2種類のデザインは完売した。サルのデザインは在庫がなくなりしだい販売を終わるので、早めの購入を呼びかけている。問い合わせは道の駅国上(電話:0256-98-0770)へ。

関連リンク
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


6月22、23、24日 スーパーハウス ナガワ長岡展示場
2018 県央工業高校同窓会 6月22日開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com