11日から13日まで燕三条地場産センターで「年末刃物フェア2015」を開き、イベント盛りだくさん (2015.12.10)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕三条地場産業振興センターは11、12、13日の3日間、同センターで「年末刃物フェア2015」を開き、燕製品が2割引きになる「ふるさと割」、「包丁、鍋、園芸はさみ下取りフェア」、フェア特価の燕三条金物市、県内外の味が楽しめる「北海道味覚市」など盛りだくさんのイベントを行う。

11、12、13日と「年末刃物フェア2015」を開く燕三条地場産業振興センター
11、12、13日と「年末刃物フェア2015」を開く燕三条地場産業振興センター

同センターの多目的ホール全体を会場に開く年末恒例のフェア。毎年、好評の「下取り買換えフェア」は、壊れたり不要になった包丁、鍋、園芸はさみを下取り品として持参すると期間中、包丁、鍋、園芸はさみを購入する時に使える10%割引券がもらえる。

「にいがた県央マイスター10周年」を記念して、創設から10年の歩みと27人のマイスターをパネルで紹介し、スプーン磨き(12、13日、参加費300円)、木の葉の箸置きづくり)12日、500円)、鎚起銅器の小皿づくり(13日、800円)などマイスターによる実演や技術の体験を行う。

このほかにも12、13の両日は、包丁研ぎ、まな板削り、ラシャ切鋏研ぎの実演。釘打ちコンテストや鉋削りコンテストも開催する。

また、3日間各日100食限定で、きむら食品提供のつきたて餅(11日)、燕市と交流のある山形県南陽市から本場の芋煮(12日)、さかたや特製のもつ煮(13日)の振る舞いも行う。いずれも9時半から整理券を配布する。

北海道味覚市では、真ほっけ開き、イクラ醤油漬、じゃが豚、小樽生ラーメンなど産地直送のうまいものが集合する。

ほかにも、地元農家による農産物販売、十日町特産品や奈良県の柿の葉すし、広島焼きや信州おやきなどの「うまいもの市」、車麩や味噌饅頭、鰹つゆ、こがね切り餅など県内外の「うまいもの」が勢ぞろいする。

11、12、13日と「年末刃物フェア2015」を開く燕三条地場産業振興センター
「年末刃物フェア2015」のちらし、PDFを開く
関連リンク
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


6月22、23、24日 スーパーハウス ナガワ長岡展示場
2018 県央工業高校同窓会 6月22日開催
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com