国内と同等以上に海外からも仕事を受けるフリーイラストレター、チバコウタロウさんの絵の展示 (2016.1.7)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条市・三条ものづくり学校は、6日から30日までエントランスで「チバコウタロウの絵の展示」を行っており、国内よりもイギリスをはじめ欧州から多く仕事の依頼を受ける長岡市のフリーのイラストレーター、チバコウタロウさんの作品を展示している。

三条ものづくり学校で開かれている「チバコウタロウの絵の展示」
三条ものづくり学校で開かれている「チバコウタロウの絵の展示」

仕事の依頼を受けて描いた作品や今回のために描き下ろした作品を含む22点を展示する。展示しているなかで最も大きい作品「2016」は縦2メートル、横3メートルの描き下ろしの作品。横に「FLOWERS ARE HERE TO PROTECT US.」の英文を掲げる。フランスの同時多発テロに関する海外の報道で目に止まった言葉だ。

「海外と仕事をしていると自然と海外のニュースに接することが多くなった」とチバさん。この言葉から花を描きたいと思ったが、花だけでは絵にならないと、やはりテロから発想したミリタリーコートを着た女性、絶滅危惧種のサル「スローロリス」を3匹、さらに門松などを組み合わせ、チバさんのほとんどの作品と同様にペンタブレットを使ってパソコンで描いた。

カオスとも言える表現だが、白地に黒だけの繊細な線で描かれたモノトーンの世界はシャープな印象。左右それぞれ3分の1はほとんどが空白の大胆な構成で、強烈なインパクトを受ける。

今回ために描き下ろした2×3メートルの作品「2016」
今回ために描き下ろした2×3メートルの作品「2016」

展示作品全体を見て感じるのは、まず女性が多く描かれているということだが、チバさんは「男を描いても受けないから」と事も無げに話す。しかも描かれている女性のファッションやしぐさも女性からの視点に見えて仕方ない。初めて会うクライアントから男性であることに驚かれることもある。

「どうやったら受けるか、この時代にあって人が見てくれるか、それだけ」、「アーティスティックに描いている言われることが多いが、目立つ、目立たない、わかりやすい、わかりやすくないと、自分は計算ばかりしている」とチバさん。言い換えれば、イラストレーターであると同時にアートディレクター、プロデューサーとしての役割も自身のなかに兼ね備える。

キッドカネビルのアルバム「My Little Ghost」のジャケット用に制作したイラスト
キッドカネビルのアルバム「My Little Ghost」のジャケット用に制作したイラスト

一方でこだわっているのは、誰にも取って代わることのできないユニークさ。当初は燕市(旧吉田町)出身で名誉市民でもある東京五輪のシンボルマークをデザインした亀倉雄策や横尾忠則にあこがれ、デザイナーを目指していた。「影響が見えないようにしている。見たことがないスタイルと言われる。変なやつがいると、おもしろがってもらえればいい。オリジナリティーは心がけているし、意識している」。

イラストレーターならフリーランスを目指す人は多い。一般にはデザイン専門学校や美術大学へ進んで専門的に学んだ後、デザイン関連の会社に就職し、実績を積んだり顧客の信頼を得たりしてから独立、フリーランスになる道を想定するが、チバさんはイラストを専門に学んだこともなければ、就職したこともない。

SNSなどネットで作品を公開したり、自分でデザインしたTシャツを販売したら思いのほか好評だったり、デザイン会社の仕事を外注で受けたり。そうこうするうちに海外からネットで問い合わせが舞い込むようになって本の挿絵やレコード、CDのジャケットを描いたり。気が付けば海外からも注目されるフリーのイラストレーターになっている。

チバさんの作品

イギリスを拠点に活動する音楽プロデューサー、キッドカネビルが2014年にドイツのレーベルからリリースしたアルバム「My Little Ghost」のジャケットのイラストを手掛けた。まるでシンデレラボーイのようにも思えるが、自身は決して楽ではなかったと振り返る。

個展は今回が初めて。同じ会場ではこれまで主に三条市内のデザイナーの作品展示を行っている。「実力相応。こんなものです。これまで展示したのはすごい人ばかりで、なるべく失礼のないようにやったつもり」と頭をかく。

今後について明確に思い描いていることはないが、「本の仕事は続けたい。ストーリーのある絵本のようなものが向いているんだろうなと思う」と話している。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com