24日、つばめ若者会議のチームワンダーとすてきな仲間たちが燕市役所で第三回ひろちゃん市 (2016.1.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

つばめ若者会議のチームワンダーとすてきな仲間たちが主催する、すてきなものを集めた第三回ひろちゃん市が24日午前10時から燕市役所で開かれる。

市役所庁舎がひとつのテアトル(劇場)になるというイメージで、1階、2階、4階のオープンスペースを使ってワークショップ、飲食、物販などが行われる。

1階は「工房・劇場」。紙などを使って大きな人形を作る「劇場づくりの工房」、マントやちょうネクタイを作る「布の工房」、カスタネットや空き瓶で楽器を作る「音の工房」、キャンドルとロウ引きした紙でロゼット作りをする「光の工房」の4つの工房がオープンする。

2階は「図書館・マーケット」。絵本を中心に古書が並ぶ「みんなの図書館」、福祉プロダクト、小道具、器などを扱う店が並ぶ「人と人をつなぐマーケット」。4階は「食堂」。Piatto giorniの「えらべる食堂」、nicoの「ニコニコドリンクスタンド」、ヒメミズキの「テーブルのしつらい」が店開きする。

「Brething Art」のワークショップに参加している親子
「Brething Art」のワークショップに参加している親子

これらは午後3時までに終わり、午後3時からエンディングでつばめホールでワークショップ「SHOW」を行う。ダンサーで振り付け家、ピラティス&ヨガインストラクターのLata(ラタ)さん(34)=五泉市=が自身で名付けた「Brething Art(ブリージング・アート)」のダンスパフォーマンスのワークショップを40分間、行ったあと15分間のショーを行う。

Lataさんは欧米やインド、韓国など海外でも幅広く学び、舞台に立っている。今回は当日だけでなく、この日に向けた事前のワークショップも行っており、9組の親子が参加。「相手の動きを感じて動作や呼吸を真似したりして、心や体の速度に寄り添う。ヨガでひとりでやることをほかの人と一緒にやってみる」とLataさん。

18日に燕市役所で行われた「Brething Art」のワークショップ
18日に燕市役所で行われた「Brething Art」のワークショップ

18日はつばめホールでワークショップを行った。親子や障害をもつ人とのワークショップはLataさんにとっても初めて。子どもの動作を親がまねるパフォーマンスもあり、「おとなが謙虚になることが大切。おとなだからできるわけではない。子どもに教えてもらうような感覚でやりたい」と話す。

好きなものを集めたイベントをと一昨年の7月と12月に続いて3回目のひろちゃん市。問い合わせは主催者の深海寛子さん(090-4383-8735)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com