夏祭りのような暑さだった戸隠神社の春季祭礼を2つの万灯組の舞い込みで締めくくる (2016.5.15)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市宮町、戸隠神社(星野和彦宮司)の春季祭礼は、宵宮の14日に続いて15日も抜けるような青空が広がった。14日は例年にないにぎわいだったが、それと比べると15日は落ち着いた雰囲気に。2日間にわたって戸隠神社の氏子町内で万灯をひき、踊りを披露した木場小路、横町の2つの万灯組は15日夜、舞い込みを行って祭りの幕を引いた。

木場小路万灯組の舞い込み
木場小路万灯組の舞い込み

燕戸隠神社春季祭礼のフォトアルバム

万灯組は色とりどりの花で飾った万灯を引き、小学生12人の踊り子が手分けして家々に伊勢踊りの門付けに回る一方、要所では全員で「下座」と呼ぶ街頭踊りを披露した。

すっかり日が沈んで午後8時から木場小路万灯組、8時半から横町万灯組が舞い込みを行った。それぞれ総代がちょうちんを回すとそれを合図に若連中が外から境内へ走り込み、先を争って拝殿へ駆け込み、気勢を上げた。それを3度、繰り返して終わった。

横町万灯組の舞い込み
横町万灯組の舞い込み

続いて夕方に出発したみこし行列が拝殿に戻ると、上横町神楽保存会が拝殿の前で獅子神楽を奉納。渡辺大蔵権禰宜が神事を行って御霊(みたま)を拝殿に戻して2日間の行事をすべて終わった。

上横町神楽保存会が獅子神楽を奉納
上横町神楽保存会が獅子神楽を奉納

舞い込みは祭りの終わりを惜しむように拝殿で気勢を上げてなかなか終わろうとしないことが多いが、ことしはまるで夏祭りのような暑さのなかでの春祭りに疲労の色は濃く、あまり引っ張らずに終わり、拝殿へ走り込む若連中も後ろの方は歩く人も目立った。

神事を行って御霊を拝殿に戻す
神事を行って御霊を拝殿に戻す

とはいえ、珍しくまったく雨の心配がいらなかった春祭りに力を出し切り、充実感は格別。口々に「いい祭りだった」と笑顔で戸隠神社をあとにしてゆっくりと日常に戻っていた。




spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com