100km完歩を目指す98人の小学生の前にこの夏最高35.5度の熱波が立ちはだかる (2016.8.7)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

夏休みの小学生が4泊5日で三条市、燕市、弥彦村と計100キロを踏破する「寺小屋つばさ100km徒歩の旅」が7日、スタートした。この日は三条で最高気温35.5度を記録するこの夏、初めての猛暑日に見舞われ、参加した98人の小学生の第一の試練は熱波との戦いだった。

7日スタートした「寺小屋つばさ100km徒歩の旅」
7日スタートした「寺小屋つばさ100km徒歩の旅」

午前8時前に出発地の三条市下田地区の日帰り温泉「いい湯らてい」駐車場で結団式を行った。奇勝八木ヶ鼻を仰ぐ真夏の抜けるように青い空の下、100km徒歩の旅の綱領を唱和し、実行委員会の嘉瀬一洋会長、坂井伸団長があいさつし、久住とも子三条市教育部長と相場健一郎燕三条青年会議所理事長が激励した。

完歩宣言
完歩宣言

参加者の代表の2人が「最後まであきらめず全員で4泊5日100kmの道のりを歩き抜くことを誓います」と完歩宣言を行い、ラジオ体操、最初のチクサクコールで気勢を上げ、記念写真を撮ったら、全員が保護者や関係者らとハイタッチして出発だ。

記念撮影
記念撮影

三条市、燕市、弥彦村の4年生以上の小学生を対象に毎年行っている事業で、ことしで9回目になり、昨年を20人上回る過去最多の98人が参加。親元を離れて100キロを歩き抜き、最終日は弥彦山登山も行う。

保護者らと全員がハイタッチして「いい湯らてい」を出発
保護者らと全員がハイタッチして「いい湯らてい」を出発

おととし、昨年と比較的、涼しい100kmだったが、この日の三条は午前9時でも早くも31.9度と30度を超え、最高気温は35.5度のこの夏いちばんの猛暑を記録。炎天下に立っているだけで汗が噴き出し、体力を奪われる熱波が子どもたちの前に立ちはだかった。

旧荒沢小学校に到着してさっそく冷水を首にかけてもらってクールダウン
旧荒沢小学校に到着してさっそく冷水を首にかけてもらってクールダウン

最初の休憩ポイントは旧荒沢小学校まで約3kmを歩いた。すでに暑さで顔を真っ赤にしている子どもも多く、到着するとさっそく恒例の冷水を首にかけてもらい、体育館で三度笠を外してリュックサックを下ろして休憩。十分に水分を補給し、「あと97km!」と子どもたちなりにプラス思考していた。

体育館で休憩
体育館で休憩

直接、運営に携わるのは、毎週のように研修を重ねてきた大学生や専門学校生38人と中高生5人の43人。子どもたちが休んでいる間も打ち合わせしたり、子どもたちのようすを報告したりと、体を休めても頭は休ませずに集中していた。

4泊5日の間、子どもたちは親元を離れてまったく接触せずに過ごすことで子どもたちの成長はもちろんだが、親にとっても同様。ゴール後に涙を親子で無事で再会して涙を流すが、この日も早くも目を潤ませるお母さんもあり、5日間で親子ともほかでは代え難い体験や学びを獲得する。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com