旧燕市職員OGの人権擁護委員2人が燕こども園の出前講座を花道に退任 (2016.9.8)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条人権擁護委員協議会(神保光男会長・人権擁護委員36人)は8月29日、燕こども園(燕市白山町1・西村香園長)で出前講座を行った。9月末で退任するいずれも旧燕市職員OGで燕市に住む森井優子さん(72)と星野昭子さん(58)にとってはこれが花道となった。

人権擁護委員を退任する星野昭子さん(左)と森井優子さん
人権擁護委員を退任する星野昭子さん(左)と森井優子さん

燕地区の事業で、出前講座は園児から人権について考えてもらおうと年2回ほど行っている。この日は燕地区以外の人権擁護委員も含め14人が同協議会の赤いはっぴを着て参加した。星野さんは司会を担当し、星野さんは同協議会で手作りした大型紙芝居「少年と子たぬき」を披露。ほかに人権イメージキャラクター「人KENあみちゃん」も登場した。

三条人権擁護委員協議会が燕こども園で行った出前講座
三条人権擁護委員協議会が燕こども園で行った出前講座

森井さんは4期12年間、務めた。現役当時、人権擁護委員の事務局に就いたことがある。燕市で女性第1号の人権擁護委員だった故鈴木スイさんに感銘を受けた。「(鈴木さんは)なんとすばらしい人権擁護委員かと。その活躍をわきで見せてもらうことができて最高に幸せだった」と森井さん。退職後、当時の高橋甚一市長の勧めもあって人権擁護委員を受けた。

森井優子さん
森井優子さん

庁内放送や電話交換手の経験があり、声を生かして紙芝居などを担当。「市役所に対して恩返しができればいいかなと思って」と森井さんは言い、「いろんな出会いがあり、老人ホームなどでこっちが優しさや元気もらうこともあった。楽しい時間だった」と12年間を振り返る。

星野さんは5期15年間、務めた。元保育士で幼稚園教諭の経験もある。同協議会の副会長や新潟県人権擁護委員協議会連合会の理事に就いたこともある。そうした功績で昨年暮れには法務大臣表彰を受けた。また、市の教育委員を務めたこともある。

星野昭子さん
星野昭子さん

星野さんは「貴重な体験をさせていただき、人権啓発を組織としてみんなで頑張ってこれて幸せだった」と15年間を振り返る。この日も「すごく楽しかった。子どもたちはともていい反応だった。子どもたちから話を聞いてもらえないことにはどうしようもないから」と保育士の顔になって園児の笑顔を喜んだ。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com