三条防災ステーション周辺を「都市・地域再生等利用区域」に指定、河川敷地利用の規制緩和 (2016.9.14)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

北陸地方整備局は、三条市の要望を受けて三条防災ステーション周辺を河川敷地占用許可準則に基づく「都市・地域再生等利用区域」に指定し、河川敷地利用の規制を緩和する。

「都市・地域再生等利用区域」の指定を受ける三条防災ステーション周辺、対岸は六ノ町河川公園
「都市・地域再生等利用区域」の指定を受ける三条防災ステーション周辺、対岸は六ノ町河川公園

河川敷地の利用については、公共性、公益性のあるものに限定されているが、都市・地域再生等利用区域の指定を受けることで、オープンカフェやイベントの開催など、民間企業による営業活動が可能になる。

利用区域指定は、三条防災ステーションに加えて対岸の六ノ町河川公園とその間の信濃川の水上も含む水辺空間。この区域ではこれまで三条凧合戦、信濃川下流水防・防災フェスタ、テレビ企画でのイベントなどが行われてきた。今回の利用区域指定により利用には占用許可申請が必要なくなる。

 三条防災ステーション周辺の都市・地域再生等利用区域
三条防災ステーション周辺の都市・地域再生等利用区域
 三条防災ステーション周辺の都市・地域再生等利用区域

県内では2月に新潟市の「やすらぎ堤」がこの指定を受け、民間事業者がビアガーデン、居酒屋、カフェなどを出店している。

国定勇人三条市長は13日の定例記者会見で、やすらぎ堤は「うらやましい」と言い、「三条はいきなり常設は難しいと思う」、「まずは月1回、イベントに連結させるような取り組みから始めたい」。また、三条防災ステーションには馬小屋があることから、「できればシーズン中はポニー体験とかウマをコンテンツに生かすことは常に考えたい」と話した。

交付式は16日午前9時45分から市役所で行い、北陸地方整備局河川部長から国定三条市長へ区域指定署を交付する。

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2018年3月の“朝カフェ”は、僕だけが知る胡瓜のこと、あなただけに伝える。お申し込み受付中!。会場:ひうら農場(燕市吉田)。開催日:3月11日。時間AM9:00〜12:00。「asa cafe」tsubamesanjo style cafe
越後つばめ天神講 菅原道真の命日2月25日は燕名産の天神講菓子を備えて道真公をおまつりしましょう
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com