三条楽音祭に3,300人が来場して自然のなかで音楽に包まれる (2016.9.15)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

毎年恒例の三条市発の無料音楽フェスティバル「三条楽音祭(らくおんさい)」が11日、ことしも三条市・中浦ヒメサユリ森林公園で開かれ、午後から夜まで音楽にあふれた会場は主催者発表で3,300人もの来場者でにぎわった。

3,300人の来場者を数えた三条楽音祭
3,300人の来場者を数えた三条楽音祭

三条市下田地区の雄大な自然に包まれて、レゲエを中心に国内で活躍するアーティストが出演する野外フェス。ことしは5バンドが出演し、バンドの入れ替えも兼ねて次のバンドの出番までの間にDJをはさみ、ノンストップで音楽が会場を満たした。

ステージ前で体でリズムをとって演奏に熱中
ステージ前で体でリズムをとって演奏に熱中

県外を含む飲食や物販の出店、ことし初めてスケートボードエリアの設置やライブペイントもあり、これまで以上にパワーアップした。

初めてのスケートボードエリア
初めてのスケートボードエリア

この日の三条は最高気温27.5度の過ごしやすい陽気に恵まれた。例年、後半に向かってだんだん来場者が増えるが、ことしは早い時間に出演したバンドの集客が高く、シャトルバスがいっぱいになってバス乗り場で待つ来場者の積み残しが出るほどだった。

音楽をBGMに自然のなかで過ごすぜいたくな空間
音楽をBGMに自然のなかで過ごすぜいたくな空間

来場者は20代から30代が主流で、地元では見かけないファッションの人が目立ち、下田にいることを忘れてしまうような雰囲気。ステージ前にかぶりつきで浴びるように音を体で感じながら音楽を熱中する人もいれば、ライブ音楽をぜいたくなBGMに池のほとりに座って時間を忘れて友だちやカップルでのんびり過ごし、非日常な空間を楽しんでいた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com