JA全農にいがたが新米コシヒカリを初出荷 (2016.9.15)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

JA全農にいがたは15日午前10時から三条市茅原、JAにいがた南蒲南低温倉庫で平成28年度産新潟県産コシヒカリの初出荷セレモニーを行い、昨年より3日早く全国に向けて新米コシヒカリの出荷を開始した。

 JA全農にいがたがJAにいがた南蒲南低温倉庫で県産コシヒカリの初出荷セレモニー
JA全農にいがたがJAにいがた南蒲南低温倉庫で県産コシヒカリの初出荷セレモニー

セレモニーでは、吉田文彦JAにいがた南蒲経営管理委員会会長のあいさつのあと、新米コシヒカリ30キロ入りの袋を大型トラックに積み込んだ。トラックの荷台の両側には「祝 初出荷 新潟米」には横断幕を張り、生産者やJA関係者が手を振ってトラックを送り出した。

この日は、にいがた南蒲をはじめ、新潟みらい、越後中央、越後ながおか、柏崎の5つのJAから県外に向けた本格的な出荷が行われた。各卸業者を通じて精米が行われ、今週末から新潟県産コシヒカリの新米が店頭に並ぶ。

新米コシヒカリを積んで出発する「祝 初出荷 新潟米」とある横断幕を張ったトラックを見送る
新米コシヒカリを積んで出発する「祝 初出荷 新潟米」とある横断幕を張ったトラックを見送る

吉田会長はことしの稲作は「管内、新潟県においては台風の大きな被害もなく、当管内では7割程度の稲刈りが終了し、順調に進んでいる」。品質や収量では、早生の主力コシイブキは14日現在、一等米比率94%の好成績で、検査が始まったばかりのコシヒカリにもコシイブキ同様に期待。作況予想は「やや良」で、生産者からも近年にない収穫が見込まれると聞いている。

品質、収量とも非常にいい状態が見込まれ、価格は27年度産からの据え置きで、「このあとは、価格と新潟産コシヒカリの食味が消費者からどういう評価を受けるかというところについて大きな期待と若干の不安をもって初出荷に臨んでいる」と言い、「大勢の人に新潟県産コシヒカリを食べてもらいたい」と話した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com