AKARIBA初日は雨にも負けずにぎわう (2016.9.18)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

加茂市の加茂山とその周辺をあかりで幻想的に彩るイベント「小京都を楽しむ会 AKARIBA 2016」が17、18の2日間、行われており、初日17日は雨にも負けず大勢の来場者でにぎわった。

小京都を楽しむ会 AKARIBA 2016
小京都を楽しむ会 AKARIBA 2016

小京都を楽しむ会 AKARIBA 2016 1日目のフォト

加茂青年会議所(佐藤伸也理事長)主催の毎年恒例のイベントで、ことしでちょうど10年目。年々、規模を拡大して2011年にあかりの結婚式を始めてから大幅に来場者も増え、昨年は雨に見舞われたものの3万5千人もの来場があった。

ことしもいろいろ趣向を変え、工夫して進化している。17日は日中からあかりを作るワークショップなども行われ、午後6時半から加茂山入り口に続く宮大門で「あかりの木」の点灯を行って本番。田上町のタケに子どもたちが作った800ものあかりを下げたものを道路両側に並べ、カウントダウンともにいっせいにあかりともると、大きな歓声が上がった。

毎年いちばん人気の和傘あかり
毎年いちばん人気の和傘あかり

来場者が赤鳥居をくぐって加茂山に入ると、「姫だるまあかり」、陶芸の「あかりば妖怪」、「走馬灯」が歓迎。池之端の和傘を使ったあかりをメーンに、あんどん、ちょうちん、竹あかり、キャンドルなどさまざまなあかりが加茂山を彩り、ふだん見る加茂山とは別世界だ。

一方、穀町商店街は2日間とも午後3時から9時まで歩行者天国にして加茂商工会議所が「あかりば宵の市」を開き、飲食ブース10店舗が並び、2日間とも午後6時半から8時までジャズライブを行っている。

宵の市ジャズライブ
宵の市ジャズライブ

夕方から雨が降ったが、あかりにはビニールをかぶせるなど雨対策を準備しているので、ほぼ予定通り。弱い雨だったこともあるのか、意外に来場者は多く、雨を忘れさせてくれるにぎわいだった。

翌18日はハイライトの「あかりの結婚式」。応募のあった8組のなかから選んだ長岡市に住む小倉義則さん(31)、(旧姓川上)梓さん(34)夫婦の挙式を行う。小倉さん夫婦は打ち合わせもあり、下見も兼ねて17日夜、会場を訪れた。

18日のあかりの結婚式を行う小倉さん夫婦
18日のあかりの結婚式を行う小倉さん夫婦

義則さんは「来るまではそんなでもなかったのに、いよいよだなと緊張してきた」と、ふたりとも会場を見て一気に緊張感が高まった。梓さんは「天気が今はいちばん心配」と言い、「あかりの景色を際立てられるように頑張りたい」と抱負を話し、義則さんも「雨でも晴れでも良き日にしたい」と話していた。

「あかりの結婚式」は午後4時15分に青雲亭山重を花嫁行列が出発して始まり、5時45分から青海神社で挙式、野外ステージでのキャンドルイベント、宮大門でのサプライズイベントなどが行われる。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com