荒川区立第二峡田小児童がことしも三条市で稲刈りやナシ狩りを体験 (2016.9.20)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条産のコメを給食で食べている東京都・荒川区立第二峡田はけた小学校の児童32人が三条市との交流事業で17、18日の1泊2日でことしも三条市を訪れ、棚田での三条産米の稲刈りやナシ狩りなどを体験し、三条の秋を五感で味わった。

荒川区立第二峡田小児童がことしも三条市で稲刈りやナシ狩りを体験
荒川区立第二峡田小児童がことしも三条市で稲刈りやナシ狩りを体験

第二峡田小は給食に三条産米を使用しており、三条市のコメの生産者や市職員などでつくる「おにぎり隊」が同校にコメを持参して児童と一緒におにぎりを作ったりもしている。

棚田で稲刈り
棚田で稲刈り

交流事業は09年から行っている。同校は4、5年生の参加を募り、希望した4年生14人と5年生18人の32人と勝山校長はじめ教職員5人の計37人が17日昼に来条。北五百川の棚田でコシヒカリ収穫体験、「いい湯らてい」ロビーで学習発表会を行って「よってげ邸」に宿泊。翌18日は「道の駅しただ」で笹だんご作り体験、井戸場でナシの収穫体験を行った。

はざ掛け作業にも挑戦
はざ掛け作業にも挑戦

コシヒカリ収穫体験では、北五百川の生産者など有志10数人が児童に昔ながらのかまを使った手作業の稲刈りを指導した。最初はかまを使いこなせず、力任せにかまで刈っていたが、こつをつかんで軽くスパッと切れるようになった児童は、「もっとやりたい」と流れる汗も気にせず稲刈りはもちろん、イネを干す「はざ掛け」の作業を黙々と続けた。

「やっほ〜!」と山びこを試す
「やっほ〜!」と山びこを試す
作業を終わってピース
作業を終わってピース

終わるころに雨が降り始め、「雨が降ってるけど、もうちょっとやりたかった」と児童は稲刈りを楽しんだ。

棚田の散策では、トカゲやトノサマガエル、カマキリなどを見つけては目を輝かせ、棚田を見下ろす場所からは大きな声で「やっほ〜!」と山びこを試し、元気いっぱいだった。収穫したイネは天日干しして精米し、11月5日に「おにぎり隊」が第二峡田小学校に持参して、児童と一緒におにぎりを握り、食べてもらう。

記念撮影
記念撮影
関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com