IID 世田谷ものづくり学校で「燕三条のものづくり ぐるっと体験フェスティバル」 (2016.9.21)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕三条地域のものづくりの一端をワークショップで体感できる「燕三条のものづくり ぐるっと体験フェスティバル」が19日、東京都・IID 世田谷ものづくり学校で開かれ、首都圏の人たちから6つのワークショップに参加してもらった。

 燕三条のものづくり ぐるっと体験フェスティバル、三条仏壇蒔絵体験
燕三条のものづくり ぐるっと体験フェスティバル、三条仏壇蒔絵体験

三条シティセールス事業実行委員会とIID 世田谷ものづくり学校が主催し、ワークショップは6つ。かんなを使った八角箸作り、三条仏壇蒔絵体験、バングル・ブレスレット作り、鎚起銅器の小皿・ぐい呑み作り、笹団子作り体験、ラテアート・ハンドドリップ体験を行った。

バングル・ブレスレット作り
バングル・ブレスレット作り

その場で調理した三条カレーラーメンの販売、三条市の包丁やキッチンツール、車麩や笹団子、こくわの加工食品など三条市の特産品販売、伝統工芸品に指定の鍛冶製品や三条市自慢のものづくり製品を展示するブースも設置した。

かんなを使った八角箸作り
かんなを使った八角箸作り

ワークショップの定員はそれぞれ各回数人ていどで、どの回もほぼ定員に達した。参加者は新潟出身だったり、親の実家が新潟だったりと、新潟にゆかりのある人が多かった。

とはいえ新潟の文化や技術は新鮮で、熱中して取り組んだ。笹団子作りの教室は新潟でもあるが、決定的な新潟県民との違いは食べ方を知らないこと。ひもをほどいてから笹の葉を1枚ずつはがしていく手順も指導した。

笹団子作り体験
笹団子作り体験

新潟市出身で神奈川県の梶が谷に住む岩腰京子さん(43)は、長男の小学校4年虎太郎君とふたりで参加した。学生時代に上京してからずっと新潟を離れて暮らしている。

世田谷ものづくり学校のホームページでこのイベントの情報を見つけ、鎚起銅器、八角箸、笹団子のワークショップに主に虎太郎君が参加。「楽しくて来年もやるなら今度は子どもと一緒に参加したい」と岩腰さん。

鎚起銅器の小皿・ぐい呑み作り
鎚起銅器の小皿・ぐい呑み作り

三条市とも縁がある。ことし6月で廃業した三条市を代表する老舗パン店「ファランドール早通屋」の先代の妻は岩腰さんのおばにあたる。昨年はスノーピーク本社のキャンプフィールドで2泊した。「最近“燕三条”を良く聞く。一緒にキャンプをしているキャンプ雑誌の編集をやっている人もそう言っていた。広め方がほかの町とは違う」と“燕三条”の存在感の高まりを実感していた。

ラテアート・ハンドドリップ体験
ラテアート・ハンドドリップ体験

三条カレーラーメンは昨年いっぱいで閉店した「味方屋(あじかたや)」の店主だった佐藤博保さん(77)が担当。三条でも食べられなくなった味を東京で味うことができた。

 今はなき味方屋の三条カレーラーメンが東京で復活
今はなき味方屋の三条カレーラーメンが東京で復活

佐藤さんがラーメンを調理したのは閉店して以来初めて。「退屈、退屈。夜は2、3日続けて海釣りに行く。行ったってろくなことがねーんだけど。遊びも飽きてきたし」と久しぶりに腕をふるって楽しそうだった。

玄関で三条の特産品などの販売
玄関で三条の特産品などの販売

この体験フェスティバルは、燕三条を首都圏にアピールしようと2013年から行っており、今回で6回目。IID 世田谷ものづくり学校と昨年4月にオープンした三条ものづくりはいずれも株式会社ものづくり学校が運営している。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com